1. Home
  2. ライフスタイル
  3. "大人可愛い"を完成させる極意とは?【おしゃれさんの輪】

"大人可愛い"を完成させる極意とは?【おしゃれさんの輪】

"大人可愛い"を完成させる極意とは?【おしゃれさんの輪】

おしゃれな人は、おしゃれな人をよく知っている。連載"「おしゃれさんの輪」では毎回、ちょっとステキなおしゃれさんをご紹介します。そして次回に登場するのは、前回の方にご紹介いただいた次なるおしゃれさん。こうしておしゃれさんの輪はどこまでも続いていきます。第3回目のおしゃれさんは......
エディター 伊澤実佐子さん
スタイリスト望月律子さんからバトンを引き継いだのは、『マリソル』(集英社)や『MISS』(世界文化社)などで活躍中のファッションエディター、伊澤実佐子さん。ワードローブの8割はスカート、かつ、甘めのテイストが好きという伊澤さんに、子どもっぽくならず、"大人可愛い"を完成させる極意を伺いました! 0111osyawa01.JPGコート/ジョセフ ニット/ドゥロワー スカート/ジル・サンダー ネイビー 靴/マノロブラニク バッグ/シャネル――今日のコーディネートのポイントを教えてください!
「ジーンズも履きますが、基本的にハイヒールにスカートというきちんとした格好が好きです。褒められ率も高いですし(笑)。そろそろ冬服に飽きてきたので、スカートで春を先取りしてみました。コートを着ているので見えませんが、ニットはパフスリーブなんです。こういうフェミニンアイテムが大好きで。デザインがフェミニンなアイテムは、"甘々"になりすぎないよう落ち着いた色を選ぶようにしていますが、きちんと大人向けのブランドで選ぶことも大事だと思うんです。例えばレースのアイテム。若いコブランドで買うと、そこはかとなく"やりすぎ感"が出てしまうけれど、『クロエ』なら品よくまとまる。コーディネートの妙で大人っぽくできるけれど、やっぱりハイブランドは甘さが絶妙だし、シルエットもキレイ。素材も上質なので、買って後悔することはありません。大人はお金がかかるんですよね(笑)。
――フェミニンなコーディネートと相性のいいアクセサリーは?0111osyawa02.JPG
「ネックレスやリングはあまり身につけませんが、ブレスレットは何かしらつけているかも。洋服が甘いぶん、アクセサリーはシルバー系を選んでクールダウンさせるのがマイルールです。今日つけているブレスレットは、どちらも『フィリップ・オーディベール』。左腕につけているのは、気が付いたら仲のいい友だちが全員同じものをもっていたという、仲間内でブームになっているアイテム。基本シルバー派ですが、『ディンヴァン』の細身のブレスレットはゴールドを愛用。これは自分へのご褒美として買ったものなので、お守り的感覚でほぼ毎日身につけています」
――NYと日本を行き来している伊澤さん。洋服はどこで購入することが多いですか?
「洋服は断然日本ですね。『ドゥロワー』や『ドレステリア』など、セレクトショップのオリジナルは、デザイン性と着心地のよさを兼ね備えていてすごく優秀! 定番アイテムとして着回しています。日本はおしゃれな人が多いし、ファッション誌も実用的で読み応えのあるものばかり。ファッション感度は高いはずなのに、ドレスアップする習慣はないんですよね。海外の人たちのように、ドレスアップしてディナーに行くのはちょっと気恥ずかしいかもしれませんが、アクセサリーやバッグを変えるだけでも気分が盛り上がるので、ぜひ試してみて!
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞【次回のおしゃれさん】伊澤さんからのバトンを引き継ぐのは、ライターの坪田あさみさん。「私が最も苦手とする(笑)、こなれたカジュアルが大得意。特に小物使いがとっても上手で、いつも注目してしまいます!」∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞(撮影&取材/編集部)
  • facebook
  • twitter
  • hatena

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。