1. Home
  2. ライフスタイル
  3. ファッショニスタの聖地「バーニーズ ニューヨーク新宿店」がリニューアルオープン!

ファッショニスタの聖地「バーニーズ ニューヨーク新宿店」がリニューアルオープン!

ファッショニスタの聖地「バーニーズ ニューヨーク新宿店」がリニューアルオープン!

130306_BARNEYS_NY01.jpg「バーニーズ ニューヨーク新宿店」が本日3月6日(水)、リニューアルオープンしました! 1990年のオープン以来初となる大規模な改装で、B1F〜4Fまでのウィメンズフロアを一新。店内はモノトーンを基調にしたクリーン&シックな雰囲気にチェンジし、ショールックを買い付けるなど、各ブランドの品揃えもより"上質&エッジィ"にグレードアップ。また地下にあったシューズコーナーが3Fに移動し、服から足元までトータルでフィッティングできるように。130306_BARNEYS_NY02.jpg「ザ・ロウ」「サンローラン」「イザベルマラン」など大人世代の女性に支持されるブランドのアイテム数も増え、話題のニューフェイス「MAIYET(マイエット)」を始め「Wayne(ウェイン)」など、バーニーズだけの取り扱いブランドも充実130306_BARNEYS_NY03.jpg
写真左:「ザ・ロウ」。女優のオルセン姉妹が手がける「THE ROW(ザ・ロウ)」は上質な素材感とミニマムなデザインでセレブにも人気のブランド。国内の「バーニーズ ニューヨーク」の中で最もアイテム数が豊富なのはこちら。写真右:「マイエット」。「バンド オブ アウトサイダーズ」のクリエイターが立ち上げた話題の新ブランド。刺繍や染めなど、職人技を駆使したクチュール的な仕上がりが魅力。
たとえば仕事着として、いつものパンツやスカートに合う存在感のあるブラウスが1枚欲しい......40代の働く女性はそんな買い物をしたいはず。この新宿店に行けば、「3.1フィリップリム」や「ダイアン フォン ファステンバーグ」「クロエ」といった"IT ブランド"が1フロアにコンパクトにまとめられ、それぞれのアイテム数もしっかり揃えられています。だから百貨店のように歩き回って疲れ果てることなく、自分の1着を見つけられる訳なのです。130306_BARNEYS_NY04.jpg
写真左:9F、パーソナルショッピングエリア。広々としたスペースで寛ぎながらショッピングが楽しめる。写真右:10F、バーカウンターも設置されたギャラリースペース。
さらに9F、10FにはVIP(上顧客)向けのプライベートルーム&ギャラリーも新設。白とグレーを生かしたシックなインテリアに広々としたフィッティングルームを完備し、顧客ならではのラグジュアリーなショッピング環境を確保したのも今回のトピックです。思えば筆者が初めて「マノロ・ブラニク」と出会い、その華奢なヒールの優美さに衝撃を受けたのもここ、新宿店でのこと。今もファッショニスタの聖地として、その輝きは変わらぬまま。よりマチュアーに進化した「バーニーズ ニューヨーク新宿店」を、ファッションを追い続ける40代女性のクロゼットとして、ぜひ活用してほしいです![バーニーズ ニューヨーク](取材・文/藤森陽子)

藤森陽子

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    2019.04.13.Sat

    【終了】シチズン時計株式会社「NewTiMe, New Me」キャンペーン × MASHING UP
    〜明日からできる、世界をほんの少し変える選択〜

    common ginza (GINZA PLACE 3F)

    ファッショニスタの聖地「バーニーズ ニューヨーク新宿店」がリニューアルオープン!

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。