1. Home
  2. キャリア
  3. 言葉選びよりも、伝える順番が大切! 部下を育てる「苦言の作法」とは?

言葉選びよりも、伝える順番が大切! 部下を育てる「苦言の作法」とは?

言葉選びよりも、伝える順番が大切! 部下を育てる「苦言の作法」とは?

130315Business01.jpg仕事がデキる女性になるということは、「誰かの上司になる」ということでもあります。それはつまり、部下を育てる責任を負うこと。上司が「育てよう」と思わなくても、部下は上司の影響をよくも悪くも受けてしまうもの。もしかしたら、あなたの接し方ひとつで、部下の今後の成長が頭打ちになってしまうかも......。自分の部下には成長してほしいと多くのキャリアウーマンのみなさん思っているはず!そこで今回は、上手な部下育てについてご紹介します。■"言わない優しさ"は部下育てを阻む部下の成長を願って、あえて、苦言を呈する瞬間がありますよね。部下が失敗した時、問題が発生した時など、場面は様々。誰でも嫌な話はしたくないもの。仕事とはいえ、明るい気持ちで人を叱れる人はいませんよね。でも、言いにくいことも言わなくては部下が成長しないというとき、どのように相手に伝えているでしょうか。ある営業職の女性は
はっきり伝えると泣き出すから、優しく、柔らかな口調を心がける。保育所の先生並みの優しさ
で部下と向き合っているのだとか。女性は特に、言葉や言い方を選んで伝える場合が多いのではないでしょうか。■「落として、上げる」この順番がキモ!ある50代の経営者の方によると
「天狗になっている部下には、浮き足立って失敗しないように、親心から"落とす"。ダメな部分をはっきり伝える。でも、ダメなやつだと落とされ続けるとやる気を失う。落としたのなら、上げる! それが部下とのコミュニケーションの基本
だそう。つまり、なのだとか。その方からうかがったある商談のエピソード。熱く商品説明をする部下の目の前には、困った顔をしたお客様が......。上記の経営者は部下に一喝!数千万の商談が成立した喜びに浸っていた部下にとっては、正に「落とされた」瞬間。ショックを受けたのは間違いありません。でも、落としたままでは、やる気を削ぐだけです。落とした後にときちんと評価した部分を伝えたそうです。最初にストレートに「何が問題なのか」と苦言を伝える。そして、問題点を伝えた後に、「期待しているから言っている」など、部下を上げる部分を伝えること。この、「落として、上げる」の順番で部下に伝えると、ので、部下育てには効果的。仕事はひとりではできませんよね! 部下が育てば、あなたの業務もはかどる上にあなた自身の評価も上がるかも!?「落としたら、上げる」を心がけて、部下と接してみてはいかがでしょうか?(文/岡田愛香)
仕事がデキる女性になるということは、「誰かの上司になる」ということでもあります。それはつまり、部下を育てる責任を負うこと。上司が「育てよう」と思わなくても、部下は上司の影響をよくも悪くも受けてしまうもの。もしかしたら、あなたの接し方ひとつで、部下の今後の成長が頭打ちになってしまうかも......。自分の部下には成長してほしいと多くのキャリアウーマンのみなさん思っているはず!そこで今回は、についてご紹介します。部下の成長を願って、あえて、苦言を呈する瞬間がありますよね。部下が失敗した時、問題が発生した時など、場面は様々。誰でも嫌な話はしたくないもの。仕事とはいえ、明るい気持ちで人を叱れる人はいませんよね。でも、言いにくいことも言わなくては部下が成長しないというとき、どのように相手に伝えているでしょうか。ある営業職の女性はで部下と向き合っているのだとか。女性は特に、言葉や言い方を選んで伝える場合が多いのではないでしょうか。ある50代の経営者の方によるとだそう。つまり、大切なのは、口調や言葉の選び方ではなく、伝える「順番」なのだとか。その方からうかがったある商談のエピソード。熱く商品説明をする部下の目の前には、困った顔をしたお客様が......。上記の経営者は部下に一喝!
「商品は購入して頂いたけれど、お客様は営業されることにうんざりしていた。商品は売りつけるものではない。粘ればいいというものでもない。営業マンとしては二流」
数千万の商談が成立した喜びに浸っていた部下にとっては、正に「落とされた」瞬間。ショックを受けたのは間違いありません。でも、落としたままでは、やる気を削ぐだけです。落とした後に
「でも、営業として、情熱を持っているのはとてもいい! 次も、いい結果を期待している」
ときちんと評価した部分を伝えたそうです。最初にストレートに「何が問題なのか」と苦言を伝える。そして、問題点を伝えた後に、「期待しているから言っている」など、部下を上げる部分を伝えること。この、「落として、上げる」の順番で部下に伝えると、「期待されている」事実を印象づけて会話が終わるので、部下育てには効果的。仕事はひとりではできませんよね! 部下が育てば、あなたの業務もはかどる上にあなた自身の評価も上がるかも!?「落としたら、上げる」を心がけて、部下と接してみてはいかがでしょうか?photo by Thinkstock/Getty Images(文/岡田愛香)
岡田愛香大学院卒業後、銀座のクラブホステスになるという異色の経歴の持ち主。「銀ホスライター」として、老舗クラブで磨いたコミュニケーション術&営業テクニックを、悩める働く女性たちに向けて紹介。恋愛・結婚・出産など女性にとって身近な問題を研究し「今よりちょっとだけ人生を豊かにする方法」を提案しています。
  • facebook
  • twitter
  • hatena
岡田愛香
大学院卒業後、銀座のクラブホステスになるという異色の経歴の持ち主。「銀ホスライター」として、老舗クラブで磨いたコミュニケーション術&営業テクニックを、悩める働く女性たちに向けて紹介。恋愛・結婚・出産など女性にとって身近な問題を研究し「今よりちょっとだけ人生を豊かにする方法」を提案しています。 ブログ>>

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。