1. Home
  2. ライフスタイル
  3. オリジナルレシピとワインを合わせる方法。食材とワインそれぞれの注目ポイント

オリジナルレシピとワインを合わせる方法。食材とワインそれぞれの注目ポイント

オリジナルレシピとワインを合わせる方法。食材とワインそれぞれの注目ポイント

130729_wine_recipe01.jpg
---ワインのスペシャリスト、ウィラハン麻未さんがワイン&フード情報をお届けします!---
前回、注ぐだけでワインを即・飲み頃にしてくれるというアイシュ社の「魔法のワイングラス」をご紹介しました。130729_wine_recipe02.jpgそのなかで、スペインの「レガード・ムニュス」というシャルドネを、アイシュ社の魔法のグラスで飲むと「ブルゴーニュ的になり、より高価なワインのニュアンスが出る」という変化が起きることをお伝えしました。今回は、「レガード・ムニュス」に合う「バンバンジー」のレシピをご紹介したいと思います。[ワインの購入はこちらから
<シャルドネ「レガード・ムニュス」にぴったり! ごま香るバンバンジー>
材料130729_wine_recipe03.jpg・鶏肉(モモ皮つき):450g・トマト(イエロー、チェリー、グリーン)または、きゅうりの千切りソース(以下すべて混ぜあわせておく。)・みじん切りにした生姜:大さじ1と1/2・みじん切りにしたガーリック:大さじ3/4・白ごまペースト:大さじ3・しょうゆ:大さじ3・酢:大さじ1・ごま油:大さじ1・ラー油:大さじ1・砂糖:小さじ2
作り方・鶏肉を20分程ゆでる(もしあれば、ネギの青い部分やスライスした皮付きの生姜と一緒に)。・よく冷めたら、5ミリ程の幅に切る。・圧力鍋の場合は3~4分ほど加熱し、冷めるまで鍋の中においておく。・お皿の中央に、スライスした鶏肉をおき、周りにくし切りにしたトマトを飾る。・トマトの代わりにきゅうりにする場合は、せん切りにしたきゅうりをお皿に敷き、その上に鶏肉をのせる。・鶏肉の上にソースをかけてサーブする。
バンバンジーは日本の食卓で人気の典型的な中華料理です。そのものは間違いなく、よりライトな白ワインに合いますが、バンバンジーのソースにはしょうが、ニンニク、練りごま(ごまペースト)などが含まれる為、かなり強めの風味を持ちます。ごまはナッツ類と同様、特に練ると素晴らしくリッチでオイリーな風味があります。概してナッツ類は、樽熟により得られるオークの含みを持つバターがかったキャラクターのあるリッチなシャルドネと素晴らしく良く合いますので、このセレクションとなりました。更にこのシャルドネが持つほんの少しの残糖は、少々の砂糖に加え、練りごまの自然な甘さを含むソースと合わせるのに効果的です。実際ソースのクリーミィなテクスチャーとウェイトは、「レガード・ムニュス」のそれと大変似ています。今回はカラフルに夏らしく見せる為、薬味としてトマトを加えました。夏らしいバンバンジーとシャルドネの素晴らしいマッチングをぜひ試してみてくださいね!photo by Thinkstock/Getty Imagesピーロート・ジャパン](文/ウィラハン麻未)
  • facebook
  • twitter
  • hatena
ウィラハン麻未
学習院大学仏文科を卒業後、ナパ・ヴァレーにワイン留学し、醸造、マーケティングなどを学ぶ。帰国後、PR会社を経て、外資系ワイン輸入会社に入社。広報部長として23年間プレス&顧客向けワインレクチャー、ワインメーカーズディナーの開催、ワイン研修等を担当。現在は、ワイン&フードスペシャリストとして活動している。シャンパーニュ騎士団シュヴァリエ、ジェラール・ドゥ・サンテミリオン騎士団シュヴァリエ叙任。趣味はホットヨガ、ワイン&フードマッチングの妄想。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。