1. Home
  2. キャリア
  3. 職場に「悪口好き」の同僚がいたらどうする? 巻き込まれないための対処法

職場に「悪口好き」の同僚がいたらどうする? 巻き込まれないための対処法

職場に「悪口好き」の同僚がいたらどうする? 巻き込まれないための対処法

130806waruguchi_TOP.jpg自分の悪口、他人の悪口、どちらも気持ちいいものではありませんね。でも、職場には悪口好きの同僚がいることも......。今回は、そんな悪口好きの同僚への対処法をご紹介します

■自分への悪口には気づかないフリで対処

万人から慕われるなんて無理な話......そうとは分かっていても、いざ自分が悪口を言われていると知れば、いい気持ちはしませんね。そこでご紹介したいのが「悪口は気づかないフリで乗り切る」という姿勢。気づかないというのは悪口に対するひとつの防衛手段です。

「鈍くなる」「気づかないフリ」でも効果はとても高いと思います。感度の高いアンテナを張って悪口をキャッチし、どっぷりと悪口に浸かってしまうと「あの人もそう思っているの?」と疑心暗鬼になっていまいますよね。 気づかないフリをしていれば「あなたが悪口を言ってるなんて知りません。だから、私は仕事のためにあなたに普通に接しますよ」と仕事だけに集中できます。仕事に支障のない悪口はスルーしてしまいましょう。 そして、もうひとつ、自分に対する悪口を聞いたときの心構えですが、悪口を言われるというのは、目立つ存在だからと受け止めるのです。悪口は「あなたの存在は認めている」という信号です。仕事の出来に嫉妬して、悪口を振り撒いているのかもしれません。そんな悪口は、仕事を頑張った証と考えてみてはいかがでしょうか?

■ 他人の悪口には同意しない

次に、他人の悪口を聞かされる場合の対処法です。人の悪口を聞いた結果、悪口仲間と思われてしまっても困ります。そこで有効な対処法が、聞かされた悪口には同意しないというもの。

「へぇ」「そんなことがあったんだ」と相槌だけ打ちます。このひと言には、同意の意味が込められていません。「それで?」「そういうところもあるかもね」と、同意と思えるひと言は使わないように意識したいですね。悪口好きの人は、自分の悪口に賛同してもらえると思って悪口を持ってきます。ですから、あなたが悪口に同意しない人とわかれば、「この人に悪口を話しても盛り上がらない」と悪口好きの同僚は近寄ってこなくなります

「悪口は聞きたくありません!」こんな風にはっきりと言える場面はまずありませんよね。ですから、不要な摩擦を起こさず、自分のことばを変えることで、悪口を遠ざけていきましょう。

photo by Thinkstock/Getty Images

(文/岡田愛香)

  • facebook
  • twitter
岡田愛香
大学院卒業後、銀座のクラブホステスになるという異色の経歴の持ち主。「銀ホスライター」として、老舗クラブで磨いたコミュニケーション術&営業テクニックを、悩める働く女性たちに向けて紹介。恋愛・結婚・出産など女性にとって身近な問題を研究し「今よりちょっとだけ人生を豊かにする方法」を提案しています。 ブログ>>

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと

    MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報

    招待制イベントへの会員限定コードなどをご案内いたします。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方は、ぜひ会員にご登録ください(無料)。