1. Home
  2. ライフスタイル
  3. フセンで人生が変わる! 毎日の充実度が2倍になる管理術

フセンで人生が変わる! 毎日の充実度が2倍になる管理術

フセンで人生が変わる! 毎日の充実度が2倍になる管理術

131119_anakichi_diary_main.jpg

あっという間に年の瀬が近づき、来年の手帳について考え出す人も多い季節。このたび、「働く女性にとって本当に使いやすい手帳とは?」と考え続けていたカフェグローブ編集部が、ついに究極の手帳を作ってしまいました!

131119_anakichi_diary01.jpg

こちらはカフェグローブと、「ゆるベジ」料理の人気研究家にして、過去に延べ1,000人以上の女性を対象に「手帳術講座」を開催し続けている、通称「あな吉」さんこと浅倉ユキさんとのコラボレーションにより誕生したオリジナル手帳

「あな吉手帳」の愛称で親しまれ、多くのファンを持つ浅倉さんの秀逸な手帳術。これは働く女性向けにも応用できるはず! と、編集部と浅倉さんで知恵を絞り合って完成した1冊です。

ちょっと大きめのA5サイズですが、これにも理由があるのです。手帳の冒頭で解説されている「使いかたのコツ」を読むと、このサイズに納得するはず。

私、ライター田中もさっそく使い始めてみました!

131119_anakichi_diary02.jpg

まずは「あな吉手帳」の象徴とも言える、「1作業1フセン」を実践。仕事でもプライベートでも、やるべき作業をひとつずつフセンに書くことで、TO DOを優先順位やカテゴリ別に整理しやすい状態に。

ちょうど仕事の合間に休暇を取得して海外旅行に出る予定があったため、プライベートのTO DOはほぼ旅行の準備で埋まることに......。しかし、やるべきことをフセンに書き出すと、頭の中でモヤモヤと渦巻く「やらなきゃ」という焦りを、より具体的な内容にアウトプットできるため、不思議と気分が落ち着きます

131119_anakichi_diary03.jpg

TO DOのフセンを、「これは今日やる」と決めた日別のダイアリーにペタペタ。もちろん週間予定表に貼って、1週間の流れが見えるようにしてもOK。あとから思いついた細かい雑用を小さなフセンで追加してみたり、このあたりの自由さは「貼ったりはがしたり」が簡単なフセンならではです。

131119_anakichi_diary04.jpg

ファイリング自在のリング式バインダーの手帳には、ジッパー付のクリア袋も付属。私は仕事で発生した領収書をどんどん入れています。お財布の中よりも紛失の心配がないし、領収書がたまると手帳が膨らんで重たくなるので、「整理しなきゃ」という気になって一石二鳥!?

使い始めて思うのは、この手帳には、フセンやクリア袋などを駆使して日々の予定を自然と整理できる工夫に満ちているということ。手帳の狭いスペースに予定をゴチャゴチャと書き連ねていた頃に比べ、忙しさは変わらなくても心に余裕が生まれた気がします。

オリジナルの工夫に満ちた「あな吉手帳×カフェグローブ」の新発想手帳、この機会にぜひ使ってみてくださいね!

photo by Thinkstock/Getty Images

(文・編集部/田中)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。