1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 財布からお金を出さずに、アクセサリーを手に入れる方法

財布からお金を出さずに、アクセサリーを手に入れる方法

財布からお金を出さずに、アクセサリーを手に入れる方法

131204_gold_reserve.jpg

日頃から仕事にプライベートに忙しく頑張る自分へのご褒美として、心ときめく洋服やアクセサリーを購入し、身につける――。努力した自分へ購入するプレゼントは、意味ある満足感や充実感を得られるものです。

しかし、気持ちのままに無計画にショッピングをし、後に少し罪悪感を覚えたことはありませんか? そんな人に知ってもらいたいのが、資産運用を活用したプレゼントの準備方法です。

お金をゴールドに投資する

それは「純金積立」を活用する方法。コツコツと毎月決まった額を、「金(ゴールド)」という資産へ投資します。ある程度まとまった純金ができたら、アクセサリーに加工して換金することもできるのです。もちろん、アクセサリー以外にもゴールドバーや、コイン、その他の工芸品に交換することもできます。

今後、大きく価値が下がることはない「金」

「金」への投資は株式投資や投資信託や為替の投資と異なり、「金」という「モノ」に価値があります。「有事の金」と呼ばれることもあり、不景気時には株や不動産が下落しても「金」の価値は上がることが多く、リスクヘッジになることも魅力のひとつです。

欧米では金貨を価値ある資産として、子どもへの誕生日や成人のお祝いなどにプレゼントする習慣もあるとのこと。もちろん「金価格」の上下によって、価値が増えたり減ったりするので、しっかりと知識をつけることが大切です。しかし、これからは新興国の経済発展に伴い、人口の多い中国やインドでも宝飾品をはじめ、工業用の需要が増えることが予想されています。従って、今後は大きく価値が下がることはないのではないか、との見方が多いようです。

プラチナや銀も投資対象に

資産運用の基本知識として「分散投資」という考え方があります。その投資先のひとつとして「金」を考えてみるのも賢明な方法です。

また「金」だけではなく、「プラチナ」や「銀」も投資対象として選ぶことができます。「プラチナ積立」でコツコツ資産を作るのも、「金」と同様に希少価値のある実物財産になります。資産運用の手始めとして、「純金積立」「プラチナ積立」などを用いる方法も考えてみてはいかがでしょうか。

ファイナンシャルアカデミー

photo by Thinkstock/Getty Images

(文/肥後知歩・監修/泉正人)

  • facebook
  • twitter
  • hatena
泉正人
ファイナンシャルアカデミー 代表/一般社団法人 金融学習協会 理事長 /特定NPO法人 金融知力普及協会 監事。金融経済教育の必要性を感じ、2002年ファイナンシャルアカデミーを設立。東京・大阪・ニューヨークで、受講生20万人を超える独立系ファイナンシャル教育機関として、経済、会計、財務、経済新聞の読み方、マネープラン等から、株式投資、不動産投資等まで、幅広い「経済とお金の教養が身につくマネースクール」を運営する。公式サイト>>

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。