1. Home
  2. 42℃のお風呂に5分入浴。適度なストレスが肌をキレイにする

42℃のお風呂に5分入浴。適度なストレスが肌をキレイにする

42℃のお風呂に5分入浴。適度なストレスが肌をキレイにする

131217_heat_shock_protein.jpg

ストレスと聞くと、美と健康の大敵! と身構えてしまいがちです。しかし程よいストレスが仕事の成果に繋がることもあるように、身体の中にも適度なストレスを察知して良い効果を及ぼしてくれる、心強い味方がいます。それが「HSP」=ヒート・ショック・プロテインです。

「ロート製薬」の情報サイト「太陽笑顔fufufu..net」では、「HSP」についてと「HSP」を増やす方法がそれぞれ紹介されていました。

病気や肌トラブルを予防するタンパク質

「HSP」は、人間の体内に潜在的に備わっている、自己回復力を呼び覚ますタンパク質。そもそも身体は、皮膚、骨、筋肉、髪の毛、血管など、あらゆる組織や細胞がタンパク質によって構成されています。

傷つきやすいタンパク質は、紫外線や気温の変化、ウイルスなど、過度のストレスを受けると正常な働きができなくなり、身体や肌のトラブルの原因になります。それを防いでくれるのが、傷ついたタンパク質を修復するために生まれる「HSP」。日頃から「HSP」を増やす生活を心がけていれば、病気や肉体疲労だけでなく、シミ・シワといった肌トラブルも予防することができるのです。

日常で「HSP」を増やす方法

それでは、「HSP」はどうすれば増えるのでしょうか?

■入浴編:42℃のちょっと熱めのお風呂に5分から10分程度入浴することで、「HSP」の効果を最大限に引き出すことができます。

いったん湯船から出て冷水シャワーを足などにかけ、再び入浴する交互浴にすると、より「HSP」が増加するそう。入浴後は「HSP」を減らさないように保温をして下さい。

■食事編:「βグルカン」の入ったきのこや海藻を食べる。

「βグルカン」は身体を温め、「HSP」を増加させる作用があります。胃潰瘍や、精神的なストレスによる下痢などを抑える効果もあるそう。ちなみに、摂りすぎはNGですが、唐辛子などの辛い料理は胃腸に適度な刺激を与え、「HSP」を増加させる効果があるとのこと。

■運動編:有酸素運動で身体の芯からぽかぽか温まる。

ランニングやウォーキング、エアロビクスや登山などの有酸素運動も、身体の芯から体温を上昇させて「HSP」を増加させてくれます。ホットヨガなど身体を温めながら行うエクササイズなら、さらに効果UP。

■生活編:楽しく刺激のある生活を送る。

メンタルへの良い刺激も「HSP」を増加させます。適度な緊張感も「HSP」を増やすので、色々な人に出会えるイベントに参加したり、人前で発表したり、変化を恐れず新しいことに挑戦しましょう、とのこと。

考えてみると、無意識に行っていることも多い「HSP」を増やす生活法。意識的に取り組むことで、もっと効果的に美肌や疲労回復、アンチエイジングへの手掛かりを得られるかもしれません。「太陽笑顔fufufu..net」では「HSP」のさらなる効果や働きについて書かれていますので、気になる方はこちらもチェックしてみてください。

太陽笑顔fufufu..net

photo by Thinkstock/Getty Images

(文/田邉愛理)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    42℃のお風呂に5分入浴。適度なストレスが肌をキレイにする

    FBからも最新情報をお届けします。

    Buy

      • 綺麗なひとは、やめている。
      • 楊 さちこ|幻冬舎
      • by Amazon.co.jp
      • 加温生活 「ヒートショックプロテイン」があなたを健康にする
      • 伊藤 要子|マガジンハウス
      • by Amazon.co.jp

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。