1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 人気スタイリスト・菊池京子さんの私物公開。定番アイテムが輝く着まわしのコツ

人気スタイリスト・菊池京子さんの私物公開。定番アイテムが輝く着まわしのコツ

人気スタイリスト・菊池京子さんの私物公開。定番アイテムが輝く着まわしのコツ

アラフォー同士で集まると盛り上がる、ファッションの話。自分のテイストができてきた反面、「いつも同じようなコーディネートになってしまう」「似合うものが変わって、着なくなる服が増えた」といった悩みをよく聞きます。

そこで今回は、人気スタイリスト・菊池京子さんの著書『K.K closet スタイリスト菊池京子の365日 Spring-Summerから、コーディネートのヒントを探してみました。

140415_kkcloset_03.jpg

半年間のコーディネートは、すべて私物

菊池京子さんは、ファッション誌『マリソル』をはじめとする、雑誌や広告を中心に活躍する人気スタイリスト。この本は、すべて菊池さんの私物で、4月から9月までの183日間のコーディネートが構成されています。

春先はストールで温度調節したり、梅雨の時期は「ハンター」のブーツが大活躍していたり――ページをめくるたびに、菊池さんのクローゼットをのぞき見ているよう。これまでのファッションブックにはなかった、リアルな手触りを感じる本なのです。

定番アイテムをとことん着まわす

140415_kkcloset_01.jpg菊池さんのコーディネートを見ていると、ひんぱんに登場するアイテムに気がつきます。

・ 7.5ミリ玉のパールネックレス・「レペット」の黒のバレエシューズ・「コンバース」の白のハイカットスニーカー・「グリーン」のトレンチコート・「セントジェームス」のボーダーカットソー・「リーバイス」のジーンズ "501"・「アンテプリマ」のシルバーのワイヤーバッグ・「L.L.Bean」のイニシャル入りトートバッグ・「アニヤ・ハインドマーチ」の黒のボストンバッグ "カーカ"

いずれも、誰もが認めるスタンダードなアイテムばかりです。完成されたデザインのなせる技なのか、どんなコーディネートにもしっくり馴染み、さりげないのにキッチリおしゃれ。定番アイテムの実力と懐の深さに驚かされます。

季節感を色で取り入れる

140415_kkcloset_02.jpgベーシックアイテムのスパイスとして、菊池さんがサラリと取り入れる「色」の美しさは秀逸です。春はスモーキーなピンクのデニムや半袖ニット、初夏はグリーン&ネイビーのボーダースカートで爽やかに。

特に印象的だったのは、真夏の「青」の使い方です。ネイビーの延長で取り入れられるスカイブルーのパンツ、洗いざらしたようなサックスブルーのシャツ、ミラノマダム風のブルーのサテントップスを、ときには青×青で着こなす。季節を感じさせるファッションは、周囲の人まで幸せな気分にしてくれます。

大人なら「知性を感じさせるカジュアル」が気分

トレンドと年齢を考えると、「知性を感じさせるカジュアル」がいまの気分。そんなときにも、菊池さんのコーディネートは大いに参考になります。

打ち合わせや撮影など、アクティブに動く日が多いためか、菊池さんの足元は歩きやすい靴が多いよう。バレエシューズやスニーカー、ローヒールのマニッシュなシューズがたくさん登場します。それらを着心地のよいパンツやカットソーのスカートに合わせつつ、パールのネックレスや女らしいバッグでフェミニンにみせる。絶妙なさじ加減は、すぐにでも真似したくなります。

トップスのシルエットはトレンドにこだわる

たとえば今季のトップスは、コンパクトすぎない、ややゆるめのシルエットがトレンド。白シャツやタンクトップなど、シンプルなアイテムほど「今のシルエット」にこだわるのも菊池さん流です。細かい部分でさりげなくモードを取り入れているからこそ、定番アイテムとのコーディネートが引き立つことが、よくわかります。

もともと菊池さんは、2年ほど前からウェブサイト「K.K closet」で私服を公開していて、それが今回の著書のベースになっているそう。決して大げさではなく自然体なのに、何ともいえずおしゃれに見える――。菊池さんが素敵に着まわす定番アイテムは、きっと誰もがひとつは持っているはず。今すぐ使えるヒントが満載の1冊で、「秋冬」版が待ち遠しくなりました。

K.K closet スタイリスト菊池京子の365日 Spring-Summer

140415_kkcloset_05.jpg

著者:菊池京子価格:1,500円(税抜)発行:集英社

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。