1. Home
  2. ソフトクリームマイスターに会ったらラッキー! ミニストップのスイーツがリッチに進化

ソフトクリームマイスターに会ったらラッキー! ミニストップのスイーツがリッチに進化

Sponsored

ソフトクリームマイスターに会ったらラッキー! ミニストップのスイーツがリッチに進化

20140424_ministop_1.jpgデスクワークが続き血糖値が下がってくると、欲しくなるのがスイーツです。

どうせなら、舌も心も満足するスイーツを選びたいもの。デパ地下や専門店へ行けば選択肢はたくさんありますが、仕事の合間に買いに行くのは現実的ではありません。そこで味方になるのが、コンビニです。

実力派コンビ二スイーツといえば「ミニストップ」

20140424_ministop_2.jpgコンビニスイーツのなかでも注目したいのが、「ミニストップ」のソフトクリーム。220円(税込)と手軽な価格ながら、専門店のスイーツにひけをとらない実力派です。今回、このソフトクリームが3年ぶりにリニューアルされ、さらなる美味しいスイーツに生まれ変わりました。

1980年の創業当初から人気の「ソフトクリーム バニラ」は、その時代の嗜好にあわせて変化してきました。リニューアルする前は白いさっぱりとした味わいのクリームがトレードマークでしたが、今回のリニューアルで、カスタードのような卵色のクリームとローストアーモンド色のコーンとなり、見た目からして「大人のスイーツ」へと変化。

さっそく4月25日(金)から全国のミニストップで新発売される「ソフトクリーム バニラ」をひと足先に味わってきました。

濃厚なバニラと、ザクザクと音がなる歯ごたえ抜群のコーン

20140424_ministop_3.jpg

左:今までのソフトクリーム 右:リニューアルした「ソフトクリーム バニラ」220円(税込)

新旧のソフトクリームを食べ比べて感じたのは、今までのソフトクリームは、舌触りがフワッと軽く、ミルクの甘さを直接的に感じる「ソフトクリーム バニラ」でした。

リニューアル後は、ハチミツのような香ばしさと濃厚なバニラの甘さ、コクのあるクリームがなめらかな大人のスイーツへと変身を遂げました。

バニラクリームだけではなく、コーンもリニューアル。ザクザク、バリバリと音がする歯ごたえが満足できるコーンはもはや主役級。正直、コンビニスイーツにしては上出来過ぎる仕上がりです。こだわりと美味しさがつまっているのに、172kcalとスイーツにしてはカロリーが低めなのもうれしいポイントです。

国産卵黄のみを使用を使用した濃厚バニラ

この新「ソフトクリームバニラ」、細部にいたるまでこだわりが貫かれています。バニラは、国産卵黄を使い濃厚さを引き出し、マダガスカル産バニラを増量し、香り豊かな味わいを実現。歯ごたえが気持ちいいコーンは、原料にアーモンド、小麦胚芽を配合し、香ばしさがプラスされました。

このこだわりは、2014年度モンドセレクションで最高金賞、デザートコーン単体でも金賞を受賞するほどの実力なのです。

ソフトクリームマイスターに出会ったらラッキー!

20140424_ministop_5.jpg

「ソフトクリームマイスター」2014年の認定証

味や素材のこだわりはもちろんですが、それ以外のこだわりも見つけました。それは、ミニストップ店内にいる「ソフトクリームマイスター」の存在。

20140424_ministop_6.jpg

ソフトクリームの絵が刻まれた金色の「ソフトクリームマイスター」バッジ

「ソフトクリームマイスター」は、社内の認定試験に合格したソフトクリームのプロフェッショナルで、ソフトクリームの絵が刻まれた金色バッジをつけています。味だけではなく、クリームの形にもこだわり、より美味しいソフトクリームを日々提供して続けている「ソフトクリームマイスター」。

20140424_ministop_4.jpg

美しい形で提供してくれるソフトクリームマイスター

どこの店舗にも常駐しているわけではないので、ソフトクリームマイスターがいるお店を見つけたら、必ずオーダーしてしまいそうです。コンビニなのに、マイスターまで設置する「ミニストップ」。まさに専門店並みのこだわりがあるといえます。

気分をすっきりさせたいなら「マンゴーパフェ」

20140424_ministop_7.jpg

4月25日(金)から発売開始の「マンゴーパフェ」320円(税込)

仕事のひと休みに気分をすっきりさせたいなら、「マンゴーパフェ」がおすすめ。

ソフトクリームと並んで人気が高い「マンゴーパフェ」。2006年からシーズナルメニューとなり今年も4月25日(金)から全国の「ミニストップ」にて発売が開始されます。

マンゴー特有の甘い華やかな香りを楽しみつつ、大きめにカットされた果肉とソフトクリームバニラをひと口。酸味の効いたマンゴーソースが、個性の強い果肉とソフトクリームバニラをうまくつないで一体感を出しています。

ディテールこそ異なりますが、ピーチメルバを味わっているかのよう! レストランのデセールレベルのスイーツと遜色なしと感じました。 320円(税込)は破格のプライス、カロリーも150kcalなので間食しても安心です。

急速冷凍で、契約農家のマンゴー摘み取ったままの味を実現

20140424_ministop_8.jpgもちろん、「マンゴーパフェ」もソフトクリーム並みのこだわりがたくさんあります。ゴロゴロ感のあるマンゴーの果肉は、豊かな香りと濃厚な味わいが特徴のマハチャノック種を採用。「マンゴーパフェ」を目の前にしただけで、マンゴーの香りが充満します。

その秘密は、契約農家で収穫後に香りのよいものを選定し、より甘さを引き出すために数日間追熟させ、急速冷凍して自然な甘みとフルーティーな香りを閉じ込めているから。お店で開封されるまで、摘み取ったままの新鮮さを保っているのです。

マンゴーソースにはアルフォンソマンゴーをふんだんに使い、パッションフルーツ果汁で爽やかな酸味を加えています。

仕事の効率がダウンしてきたな、と感じたら、素早く気分転換をはかりましょう。「ミニストップ」に駆け込んで手作り感覚スイーツで脳と心をリフレッシュ! 新たな気持ちで、残りの仕事を乗り切れるはず。

ミニストップ撮影/田所瑞穂・文/草間由紀)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。