1. Home
  2. ライフスタイル
  3. サンフランシスコから、サードウェーブコーヒーの本命が日本初上陸

サンフランシスコから、サードウェーブコーヒーの本命が日本初上陸

サンフランシスコから、サードウェーブコーヒーの本命が日本初上陸

20140515_bluebottlecoffee_1.jpg

IT産業の聖地シリコンバレーにほど近いサンフランシスコで、「コーヒー界のApple」とも称されている「Blue Bottle Coffee(ブルーボトルコーヒー)」。今アメリカで話題のサードウェーブ(第3の波)系コーヒーの先駆けとも言われているコーヒーショップです。

ちなみに、ファーストウェーブは大量生産・大量消費のコーヒー。セカンドウェーブは、「スターバックス」などエスプレッソマシンを使用し、味を重視したコーヒーを提供するムーブメントといわれています。

サードウェーブコーヒーとは?

そしてサードウェーブは、コーヒーをワインのように品種や産地ごとなどに分析したり、1杯1杯時間をかけて淹れたりするなど、豆の特徴やおいしさを最大限に生かしコーヒーを楽しむスタイル。もちろん、「ブルーボトルコーヒー」のポリシーにもそれが表れています。

ブルーボトルコーヒーのこだわり

・オーガニック・フェアトレードの高品質な豆を自家焙煎・焙煎後48時間以内に豆を使用・ドリッパー(日本製)で1杯1杯丁寧に淹れる・好みに応じて抽出方法を選べる

ファーマーズマーケットから誕生した「Blue Bottle Coffee」

20140515_bluebottlecoffee_2.jpg

「ブルーボトルコーヒー」が誕生したのは2002年。元クラリネット奏者のジェームス・フリーマン氏が、自宅のガレージで焙煎した豆をファーマーズマーケットで販売することから始まりました。その後、サンフランシスコ市内のヘイズバレーに小さな店舗を立ち上げたのですが、これがたちまち話題に

当時サンフランシスコに住んでいた筆者も話題を聞きつけ、この1号店の長い行列に並んだことがあります。それまで、アメリカの飲食店の前に行列が出来ているのを目にすることは、ほとんどなかったのでとても驚きました。

時間がかかっても飲みたい!

20140515_bluebottlecoffee_3.jpg

しかし、実際に飲んでみるとその味に納得。深いコクと香り高さに感動を覚えました。美味しいコーヒーを淹れるのに、時間がかかってしまうのは当然とすら思えたものです。スピードが重視される時代から、少々時間はかかっても、よりクオリティの高いものが求められる時代になっているのかもしれません。

今秋には日本に初上陸予定

筆者がサンフランシスコにいた2010年頃までは、ヘイズバレーとフェリービルディングの2店舗だったのですが、いつの間にか市内に7店舗、ニューヨークにも店舗を拡大、さらに東京にも上陸予定と知り、その人気の波及ぶりに驚きを隠せません。

「ブルーボトルコーヒー」は、この秋に東京の清澄白河にオープンを予定しているとのこと。アメリカのビジネスパーソン達から愛されるこだわりの1杯を、ぜひ体験してみて下さい。

Blue Bottle Coffee

(文/上山美紀)

  • facebook
  • twitter
  • hatena
上山美紀
元福島テレビアナウンサー。農家の取材やオーガニック文化発祥のサンフランシスコでの生活がきっかけとなり自然派志向に。3人目の子供はロンドンの自宅で出産。ブログ(サンフランシスコロンドン)では、有機野菜や玄米食、オーガニック化粧品、自然療法、アロマテラピーを通して自然と繋がるライフスタイルやアンティーク・ビンテージを取り入れたインテリアなどを提案。趣味は、写真、ピアノ、旅行、ガーデニング。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。