1. Home
  2. ライフスタイル
  3. バックの中の迷子を見つけてくれる、折り曲げ自由なライト

バックの中の迷子を見つけてくれる、折り曲げ自由なライト

バックの中の迷子を見つけてくれる、折り曲げ自由なライト

「バックの中身を公開」なんて記事を雑誌で見かけるほど、女性はさまざまものを持ち歩いています。財布やスマホはもちろん、化粧ポーチ、鏡、手帳、アクセサリーなど......。必要なものをすぐに出したいのに、バックの中で行方不明になってガサガサと探すハメになることも......。そんなときに便利なのが、バックの底で中身を照らしてくれる「KANGAROO LIGHTです。

優しい光のシリコンライト

20140604_light_t_.jpgこちらのライトは、柔らかいシリコン性の本体に24個のLEDライトが埋め込まれたものバックの底にフィットして、中から優しく照らしてくれますバッテリーはライトが点灯した状態で2時間半もち、USBでチャージが可能です。

20140604_light_3.jpg

バックに入れると、中身が見やすい

20140604_light_2.jpg

そんな「KANGAROO LIGHT」をバックに入れておけば、「あれ? どこに行ったの?」と中身をひっくり返すあのストレスとはサヨナラです。もちろんバックの底だけでなく、デスクに置いたり、部屋のちょっとしたインテリアとしても活躍しそう。水がかかっても大丈夫なのでバスタイムにも使えます。読書灯やナイトライトにするなど、アイデア次第でさまざまなな使い方ができそうです。

20140604_light_4.jpg20140604_light_6.jpg

「KANGAROO LIGHT」は、クリエイター集団「STUDIO BANANA THiNGS」が開発したもの。現在クラウドファンディングサービスの「KICKSTARTER」にて40英ポンドから販売中です。目標資金が集まりプロジェクトが現実になれば、今年の10月頃に手元に届く予定とのことです。店頭では見つけられないユニークなLEDライト。世界で初めてのユーザーになってみるなら今がチャンスです。

(文/メーテル徹子)

KICKSTARTER, designboom

  • facebook
  • twitter
  • hatena
メーテル徹子
フリーライター/イラストレーター。東京都在住。トロント、ニューヨークに滞在後、帰国して出版社に勤務。現在はフリーで幅広く活動中。シンプルで上品、かつ洗練されたライフスタイルをめざし、都会でのエコライフを実践中。趣味はジャグリング。愛猫2匹に尻にしかれる猫下僕でもある。 facebookページ

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。