1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 60代女性の幸福度が圧倒的に高い理由

60代女性の幸福度が圧倒的に高い理由

60代女性の幸福度が圧倒的に高い理由

20140702_60womenw_1.jpg

「いまあなたは、どの程度幸せを感じていますか?」という問いかけに、何と答えるでしょうか。

というのも、全世代のなかでも、最も幸せを感じて生きているのは「60代女性」ということが明らかになったのです。

女性の幸福度平均を大きく上回る60代

この結果は、シニア層を対象としたマーケティングサポートを行なっているアサツー ディ・ケイ」の「ADK生活者総合調査2013」によるものです。

調査対象は12歳(中学生以上)~69歳の男女 11,968人。個人の「幸せ」の度合を10点満点の「幸福度得点」として採点してもらったところ、60代がつけた得点が他の年齢層を大きく上回る結果に。女性の平均が6.33点なのに対し、60代女性は「平均6.89点」。ちなみに、30代、40代女性はともに6.3点ということです。

趣味も交友範囲も広い、60代女性たち

この結果、男性を見てみると全体の平均が5.77点とぐっと低くなります。全体的に男性より女性のほうが幸福度は高く、さらにシニア女性が1番幸福ということのようです。

60代女性が幸せな理由として挙げられるのが、「旅行」や「食べ歩き」、「料理・お菓子づくり・パンづくり」、「映画鑑賞」、「園芸・ガーデニング」、「美術館・博物館めぐり」、「温泉めぐり」など、趣味を充実させたライフスタイルを楽しんでいるということ。

また同じ世代の男性が、幸せのよりどころが配偶者と一緒にいることと答えているのに対し、女性は配偶者に限らず、子どもや友人など、幸せを共有する相手がたくさんいて交流関係が広いというのも特徴です。

いくつになっても、貪欲に人生を楽しみたい

キャリアアップや恋愛、子育てなど、40代、50代くらいまでの自分の将来像はなんとなく描けても、その先の60代となると、具体的に想像するのはなかなか難しいものです。仕事も子育てもある程度のゴールが見えた先に何が待っているのか、不安になることもありますが、先輩女性たちのこんなデータを見ると、元気が湧いてきます。

考えてみれば、いくつになっても貪欲に人生を楽しむことは、アラフォー世代の得意分野でもあります。今までもそうしてきたのだから、この先もこのまま楽しんでいればいい――。そんな明るい将来が待っていると思うと、今からワクワクしてしまいます。

ADKアサツー ディ・ケイSenior woman cooking via Shutterstock(文/ミヤモトヒロミ)

  • facebook
  • twitter
  • hatena
ミヤモトヒロミ
ライター・エディター。女性誌、女性向けWebメディアで映画やアート、カルチャー関連の記事を執筆。カフェグローブでは2007年よりブログ連載「ムービーハンター」で大人の女性のココロにささる映画評を手がける。ブログ>>

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。