1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 日本では珍しい「赤の泡」で、イタリアのバカンス気分に浸る

日本では珍しい「赤の泡」で、イタリアのバカンス気分に浸る

日本では珍しい「赤の泡」で、イタリアのバカンス気分に浸る

20140714_vacation_wine_1.jpg

いよいよ夏本番。今回は夏のバカンスに合うワイン、バカンスに行った気分になるワインを紹介します。

ボトルがバラの花の形をしたワイン

20140714_vacation_wine_2.jpg

海辺のバカンスに持って行くのに最高の白ワイン「コート・デ・ローズ ブラン (2012)」。ボトルの底がバラの花の形になっていて、とてもキュートです。ボトルを逆さにして、シャンパーニュクーラーに数本入れたら、まるでバラのブーケのよう。ビーチパーティでの注目度も高まります。

20140714_vacation_wine_3.jpgきりっと冷やしたワインには、ぜひ「ディーン&デルーカ」のベジタブルチップスを合わせてみてください。ワインにはヴィオニエという品種がブレンドされているので、後味に少々ほろ苦さがありますが、これがグリーンベジタブルチップスに入っているゴーヤと合うのです。

アジアンなグリーンカレーには甘口ワイン

20140714_vacation_wine_4.jpg

やや甘口のドイツの「ヴァイスブルグンダー」(ピノ・ブランの意)。フルーティでとても飲みやすく、中くらいの酸味があります。甘みがあることでアジアのスパイシーな料理と合わせやすいのです。

20140714_vacation_wine_5.jpg東南アジアでバカンス気分に浸りたい人は、ぜひグリーンカレーと合わせてみてください。このワインの甘みは、カレーのココナッツミルクの甘みレベルと類似しています。また、カレーの辛味とワインの甘みは、ミッドパレットできれいに融和し、後味で一気に辛味が広がります。グリーンカレーの持ち味を殺さない程度の甘みが良いのです。

イタリア気分に浸れる「赤の泡」

20140714_vacation_wine_6.jpg

まだまだ日本で見かける頻度が少ない「赤の泡」。夏に赤を飲みたいと思っても、暑くて躊躇してしまいますが、この果実味たっぷりの「プリモ ロッソ」なら、キーンと冷やして爽やかに楽しむことができます。黒葡萄からつくられる赤のスパークリングワインは、タンニンもきちんとありますが、残糖によってカバーされるので、とてもスムーズな舌触りです。

「プリモ・ロッソ」に恐ろしいほど合うのが、なすのマリネ。甘めのドレッシングとワインの果実味、残糖がぴったりと寄り添います。つくり置きしたマリネをつまみに「プリモ・ロッソ」を飲めば、イタリア気分に浸れること請け合いです。

<なすのグリルマリネ バルサミコ&バジル風味>材料20140714_vacation_wine_7.jpg・なす:4~5本・オリーブオイル:適量・刻んだバジルの葉:大さじ3~4

ドレッシング(以下、すべての材料を混ぜ合わせておく)・オリーブオイル:100cc・シークワーサーの皮(すりおろしたもの):適量・シークワーサーの果汁:10〜13個程を絞ったもの(なければ、日本の柑橘類で代用)・バルサミコ酢:大さじ2・砂糖:大さじ1・ブラックペッパー:適量

作り方

1. なすを縦に切る。

2. グリルパンを熱し、オリーブオイルを振りかける。

3. なすをグリルパンに並べ、焼く。色がついたら裏返す。両面に色がつき、充分に柔らかくなるまで焼き、大皿に並べる。

4. 混ぜておいたドレッシングをかけ、時々裏返しながら、なすに味をしみこませる。

5. 食べる直前にバジルの葉を散らす。

※作り置きが可能なので、パーティーの前日に作っておくと便利です。

Wish you a wonderful summer holiday!!

ピーロート・ジャパンcouple share a romantic dinner via Shutterstock(文/ウィラハン麻未)

  • facebook
  • twitter
  • hatena
ウィラハン麻未
学習院大学仏文科を卒業後、ナパ・ヴァレーにワイン留学し、醸造、マーケティングなどを学ぶ。帰国後、PR会社を経て、外資系ワイン輸入会社に入社。広報部長として23年間プレス&顧客向けワインレクチャー、ワインメーカーズディナーの開催、ワイン研修等を担当。現在は、ワイン&フードスペシャリストとして活動している。シャンパーニュ騎士団シュヴァリエ、ジェラール・ドゥ・サンテミリオン騎士団シュヴァリエ叙任。趣味はホットヨガ、ワイン&フードマッチングの妄想。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。