1. Home
  2. ライフスタイル
  3. デング熱から身を守る、「蚊に刺されない」ウェアがあった

デング熱から身を守る、「蚊に刺されない」ウェアがあった

デング熱から身を守る、「蚊に刺されない」ウェアがあった

20140905_dengue_1_1.jpg

感染の拡大が気がかりなデング熱。4日(木)午後には代々木公園の北側が緊急封鎖され、NHKも職員2人の感染を発表するなど、まだまだ事態は収まりそうにありません。

デング熱は蚊の媒介により感染し、発熱、頭痛、筋肉痛や皮膚の発疹などの症状が出ます。予防策は、「できる限り蚊に刺されないようにすること」。とはいえ、蚊よけスプレーにも限界があるし......と思っていたところ、こんなアイテムを見つけました。

防虫素材「スコーロン」で作ったウェア

20140905_dengue_1.jpg

アウトドアメーカー「Foxfire(フォックスファイヤー)」が作っている、この衣服。スタイリッシュなアウトドアウェアに見えますが、実は強力な防虫素材「スコーロン」を使用した感染症予防服なんです。

「スコーロン」は、「アース製薬」と「帝人」が共同開発した高機能素材。持続性の高い非揮散タイプの防虫剤を、ナノレベルの接着技術で、生地そのものにしっかりと固着させています。蚊が止まっても嫌がって逃げるので刺されにくく、洗濯しても効果が落ちないのだそう。

そこに、さらにUVカットや吸汗速乾機能を付け加えたのが、「フォックスファイヤー」の製品。アウトドアアクティビティや海外旅行での使用を想定したものですが、デング熱の影響でがぜん注目を集めています。

蚊だけじゃない。感染症予防に効果的

20140905_dengue_2.jpg

帽子やTシャツ、パンツなどに加え、アームカバーやレッグカバーのようなプラスワンのアイテムも充実。蚊だけでなく、感染症を媒介するマダニにも効果があり、「スコーロン加工生地上のマダニがノックダウン状態」という結果も報告されています。キャンプや釣り、庭仕事など、いろいろなシーンで活躍してくれそうです。

デング熱は少しでも早く収束してほしいですが、今回の問題をきっかけに、日本でも感染症に対する危機感が増したのは良いことなのかもしれません。優れものアイテムも取り入れつつ、自衛に気を配って生活していきたいと思います。

FoxfirePerson relaxing in a hammock via Shutterstock(文/田邉愛理)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。