1. Home
  2. ライフスタイル
  3. ついにここまで。AppleとFacebookが卵子凍結費用の負担へ

ついにここまで。AppleとFacebookが卵子凍結費用の負担へ

ついにここまで。AppleとFacebookが卵子凍結費用の負担へ

20141023_apple_facebook_pay_freeze_eggs.jpg

キャリアを持つ女性にとって、最も大事な決断のひとつと言える「出産のタイミング」。そんな女性たちに、会社が卵子凍結の費用を負担すると申し出たら、状況は変わるのでしょうか?

卵子凍結をサポートするAppleとFacebook

先日、AppleとFacebookが、女性社員の卵子凍結のサポートをすると発表。「NBCNews」によると2社とも最大で2万ドル(日本円で約210万円)まで負担するそうです。

一般的に出産適齢期とされる年齢は、やりがいのある仕事を任され、責任あるポジションにつくタイミングと重なることが多く、いつのまにか年月が過ぎていた......という女性も少なくありません。

また、仕事上で大事な時期に産休を取ったことで、キャリアチェンジが必要になったり、スローダウンしたと感じている女性もいるでしょう。

優秀な女性のリーダーを確保するために

FacebookのCOOである Sheryl Sandberg(シェリル・サンドバーグ)は、TED「何故女性のリーダーは少ないのか」のなかで、

女性は子どもを持つことを考えたその瞬間から、その子どものためにゆとりを確保することを考えはじめます。「その他のことと子どもを持つことを、どう両立すればいいの?」と。そしてその瞬間から、彼女たちは積極的に手を挙げて出世を望んだり、新しいプロジェクトに取りかかったり、「私にやらせて下さい」と言わなくなるのです

TED」より

と語っています。

近年シリコンバレーでは優秀な人員を確保するために、各社が躍起になってさまざまなベネフィットを提供しているそう。シリコンバレーでもトップに君臨するAppleとFacebookが先陣をきった、卵子凍結のサポート。才能豊かな女性たちへのアピールとして、今後他社が追随する可能性も高そうです。

キャリアと出産の選択肢

何歳で子どもを産みたいのか、そもそも子どもが欲しいのか、仕事と育児をどう両立するのか。女性にとってのキャリアと育児の捉え方は千差万別です。

過去に「卵子凍結した女性の声を聞く」で紹介したように、筆者の周囲でも、卵子凍結を考え始めたり、実際に凍結した女性が増えてきました。安定した仕事につき、早朝出勤や出張など多忙なスケジュールをこなし、転職を繰り返してキャリアアップするうちに、いつのまにかアラフォーになっていた......という女性たちです。

そして、出産適齢期という言葉が気になり始めた時、生涯を共にするパートナーがみつかるまでの保険として卵子凍結を考えるようです。

すべて計画どおりに進まないのが人生ですが、選択肢は多い方がいいというのは誰もが思うところ。日本でも認識が広まってきた卵子凍結制度を利用するか否かは、当然ひとりひとりの考え方次第。ですが、 女性たちに新たな選択肢を与え得る手段である、というのは歓迎すべき事実ではないでしょうか。

NBCNews, TEDphoto by Getty Images(白石里美)

  • facebook
  • twitter
  • hatena
白石 里美
ニューヨーク在住11年。クリーンな心と体を作るライフスタイルを提案するウェルネスブランド「ANCIENTICS」をNYで立ち上げ、マンハッタンとブルックリンのカフェやストアでスーパーフードや日本の発酵食品をアレンジした商品を販売。日本企業向けのプロデュースやコンサルティングも行っている。 世界最大の栄養学校Institute for Integrative nutritionでホリスティックヘルスを学び、最新のヘルス・ウェルネス・ビューティー・ライフスタイル情報に精通。ウェブや雑誌でもコラムを執筆中。 Blog / Facebook / Instagram

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。