1. Home
  2. アメリカでの仕事を成功させた、たったひとつの賢い選択

アメリカでの仕事を成功させた、たったひとつの賢い選択

Sponsored

アメリカでの仕事を成功させた、たったひとつの賢い選択

20141205_america_1.jpg

bags at the airport via Shutterstock

国内出張はもちろん、仕事で海外へ行く機会の多いビジネスウーマン。

出張成功のカギは事前の準備はもちろんですが、必携アイテムであるスマホ、PCやタブレットをいかにうまく使いこなすか、ということにあるのではないでしょうか。日本にいるとき同様、いえ、それ以上に通話・通信環境が快適だと、なにかと心強いですよね。

ニューヨーク出張がうまくいく秘訣

201412_america_7.jpg

Manhattan Skyline with Empire State Building via Shutterstock

今回は快適な通話・通信環境のおかげで仕事の成功を収めた一人の女性のストーリーをご紹介しましょう。アメリカ圏への出張が多い外資系コンサルタント会社に勤めるカフェグローブ読者Tさんが、ニューヨークのクライアントへプレゼンに出向いたときのことです。

■プロローグ:出張のはじまりに

今日からまたニューヨークへの出張だ。

羽田からニューヨークへは直行便があるのでだいぶ便利になった。いつもより少し早起きをしてタクシーで羽田へ向かう。エアチケットのバーコードはスマホに。パスポートも持った。

今回の出張は、重いPC代わりにiPad Air 2を持っていくことにした。そして「アメリカへの出張に便利だよ」とパートナーが教えてくれたので、ソフトバンクの「アメリカ放題」の設定もチェック済み。準備は万端。ニューヨークでのプレゼンがうまくいくようにとイメージしながら、車窓の景色が後ろへ流れるのを目で追っていく。

アメリカ放題」とは、アメリカ国内の通話はもちろん、アメリカから日本への通話・通信が日本国内と同じ料金で利用できるという「ソフトバンク」の新サービス。アメリカ出張やハワイ旅行が好きなTさんに、パートナーがすすめてくれたそうです。

■シーン1:急なトラブルにも対応できる安心感

201412_america_3.jpg

JFK空港へ到着し、タクシーでホテルへ。ニューヨークは朝。ピンと張りつめた冬のこの空気感が好き。

10時からのプレゼンに備えてパワポの最終チェックをしていたら、エビデンスにちょっと疑問が。急いで日本にいる部下へ電話。幸い、残業をしてくれていたおかげで事なきを得た。よかった......。通話料を気にせず、何度もやり取りできたのは「アメリカ放題」のおかげ。

急ぎの用事で海外から日本に電話するとき、「ホテルの電話でかけたほうが安いかな」などと迷う時間も惜しいですよね。日本にいる感覚でアメリカから日本へ電話できるって、快適だと思います!

■ シーン2:プレゼンの最中でも役立つ

いよいよプレゼン。iPad Air 2が大活躍。クライアントの不意のツッコミに備えて、ネットはオンラインに。「アメリカ放題」なら通信料を気にせずつなぎ放題なのでありがたい。難なくピンチを切り抜け、無事にプレゼンが終了。先方の反応もまずまず。あとはいい返答を待つのみ。

海外に行くときに気をつけたいのが「通信料」。ネットで調べ物をして、こまめにSNSをのぞいていたら、帰国後の請求金額にビックリしたなんて話、よく聞きます。ネットにつなぎっぱなしでも日本にいるときと同じ料金なら安心です。

■ シーン3:くつろぎのオフタイムにも

201412_america_5.jpg

At a concert via Shutterstock

会食が早めに終わり、一人の時間が持てた。

ニューヨークといえば、やっぱりジャズ。iPhone 6でライブスケジュールを検索し、地図アプリを見ながら話題のバーにも立ち寄れた。大満足。さっそくSNSにアップ。ホテルに戻って、パートナーに電話を。プレゼンのこと、ジャズのこと、二人で飼っている犬のこと。たわいもない話だけど、声を聞くと落ち着く。「アメリカ放題」を教えてくれてありがとね。

話題のスポットを探したり、SNSにつないだり、パートナーに電話をしたり。普段と変わらない日常を、そのまま海外でも送れる。それって、何より安心感を得られますよね。どんなに海外出張に慣れている人でも同じではないでしょうか。

■ エピローグ:成功のカギは快適な通話・通信環境

日本へ帰る日。

少しの時間もムダにしたくないから、空港でiPad Air 2を使って新しい案件のリサーチ開始。そこへプレゼンが通ったとメールが! うれしさのあまり、日本の同僚に電話。労をねぎらいあって電話を切ったけど、一人なのにどうしても顔がにやけてしまう。うれしい。時間を費やして準備してきたことが認められ、引き続き関わることができる幸せ。ああ、私はこの仕事が好き。取引先、仲間に感謝。

みんなの期待を背に、見事アメリカで成功を収めたTさん。今回の出張に際し、ストレスなく仕事をさせてくれた「アメリカ放題」を選んで正解でした、と語ってくれました。

もう通話料・通信料を気にしてヒヤヒヤしない

彼女が今回の出張で利用したのは、アメリカ滞在をスマートにサポートしてくれるソフトバンクの新サービス「アメリカ放題」というもの。アメリカから日本への通話・通信が日本国内と同じ料金で利用できる(※1)という、今までにありそうでなかったサービスです。

アメリカに行くたびに別料金のサービスに加入したり、通話料・通信料を気にしてヒヤヒヤしたりしなくて済むのはうれしいですね。

しかも設定はとても簡単。たったの6ステップで自分ですぐに設定ができてしまいます。急な出張や海外旅行でも申し込んだらすぐに使えるのもうれしいポイント! 設定詳細はこちらのサイトを参考に。

アメリカ放題の対象地域は、アメリカ本土はもちろん、ハワイ、プエルトリコ、バージン諸島(アメリカ領)のスプリント網が利用できるすべての地域(※2)。対象機種はiPhone 6、iPhone 6 plus、iPad Air 2です。しかも、現在、

ソフトバンクでは「アメリカ放題」月額サービス利用料無料キャンペーンや、iPhoneとセットでiPadのサービス利用料が最大1年間実質無料になるキャンペーンを実施中(※3)

人生をつくっているのは、あらゆる選択。誰かのせいにする人生なんてほしくないから、自分にとって何が良いのかを賢く選んでいきたいものです。もちろん通信手段だって、ひとつの選択。仕事もプライベートもうまくいく選択をしていきたいな、と感じます。

アメリカ放題

※1 「スマ放題」を契約している場合は、米国から日本や米国内への通話・メールが基本料金以外はすべて無料。またインターネットの利用も無料となります。※2 アラスカ州・モンタナ州・グアム・サイパンなど一部地域を除く。 スプリントネットワーク以外でのご利用は、世界対応ケータイの通話料/通信料がかかります。※3 キャンペーン期間の終了日は未定のため、別途公式ホームページなどでお知らせします。

(大森りえ)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。