1. Home
  2. ライフスタイル
  3. ずっとクローゼットに残る靴。サラ・ジェシカが手がけるシューズライン

ずっとクローゼットに残る靴。サラ・ジェシカが手がけるシューズライン

ずっとクローゼットに残る靴。サラ・ジェシカが手がけるシューズライン

20141209_sjp.jpg充実した仕事をもち、愛すべき友人たちに囲まれる。

刺激的な街で、最先端のファッションに身を包み生活する『セックス・アンド・ザ・シティ(以下SATC)』の登場人物たち。大人の女性なら、その姿に1度は憧れたことがあるはず。

靴を愛するキャリーが手がけるシューズライン

その主人公キャリーを演じたサラ・ジェシカ・パーカーが手がけるシューズラインが「SJP」。Manolo Blahnik(マノロブラニク)」のCEOであるGeorge Malkemus氏との共同プロデュースで展開しています。

サラが「SJP」にかける想いはかなり強いもののよう。

「GAP」ではカジュアルファッション「COVET」ではセクシーな香りの香水で成功したものの、「Bitten」では創業者の破産宣告に向き合ったサラ。さらに、映画『セックス・アンド・ザ・シティ2』で華々しく着用した「Holston Heritage」でも痛い目に合いました。

Bloomberg Business Lifestyle」より意訳引用

そんな失敗から、ファッション業界で活動する足場を探していた彼女。今度は自分自身で永遠にクローゼットに残る靴をつくりたかったといいます。

サラのこだわりがつまったシューズたち

そんななか、彼女がもっとも気を使ったというのは価格設定。

「SJP」ラインは、ほとんどが195ドルから485ドルの間の値段です。これは『SATC』で彼女が着用したハイブランドのものよりは手頃で、「NINE WEST」や「ALDO」のような一般的なブランドよりはお高め。

Bloomberg Business Lifestyle」より意訳引用

決して手が届かない価格ではないけれど、自分へのご褒美にしたくなる特別感はなくさない。そこにサラのこだわりがあります。ラインナップも、ドラマでキャリーが愛した靴たちのように、どんなワードローブにも合うようなデザインばかり。

また、2014年12月からドバイでもコレクション販売をスタート。「Arabia Harpers' Bazaar」の表紙を飾り、本人も現地に足を運んでいます。

プライベートでは3児の母でもあるサラ。その時々の重要視するライフイベントに自身のスタイルを合わせながらも、失敗を恐れない。常に自分の気持ちに正直に前進しつづけ、キャリア生活だけでなく、家庭生活も大切にしている彼女。

その美貌と精神が体現してきた彼女の世界は、これからも女性たちの憧れの的であり続けると思います。

Bloomberg Business Lifestyle

photo by Getty Images

沙由梨

  • facebook
  • twitter
  • hatena
牧沙由梨
港区在住。幼少より海外に縁の強い生活を送る。じっとしていられない性格。人と会うこと、旅、読書、が好き。現在は2児の母港区在住。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。