1. Home
  2. ライフスタイル
  3. どんな部屋も上品に見せる、フランス発オーガニックリネン

どんな部屋も上品に見せる、フランス発オーガニックリネン

どんな部屋も上品に見せる、フランス発オーガニックリネン

20150319_whole_1.jpg

仕事の疲れを癒すのに必要なのが、快適な住まい。

上質なお気に入りに囲まれた空間は、心地良い毎日を過ごすのにも欠かせません。そんな空間づくりにぴったりなアイテムを見つけました。

オーガニックな布地を、手を使って、植物染料で染め上げたフランスの繊維製品。それが、「WHOLE(ホウル)」のリネンです。

20150319_whole_9.jpg

クッション、スカーフ、タオル、ベッドリネンを中心に、なんとも言えないやわらかで上品な色合いのグッズがそろっています。

20150319_whole_4.jpg

20150319_10whole.jpg20150319_11whole.jpg

「WHOLE」の新しさは、そのシステムにあります。2014年「WHOLE」を立ち上げたAurélia Wolff(オーレリア・ウォルフ)さんの大きな目標のひとつは、「資源の浪費」を失くすことでした。そのため、捨てられる運命にあった材料を集めるシステムも同時に作り上げたのです。

20150319_whole_7.jpg

そして、美しい色合いを生み出す秘密もそこにありました。

例えば、「WHOLE」の布を優しく染める黄色は、オーガニック専門店の人参の葉を使ったもの。柔らかいピンクは、メキシコ料理レストランから集められたアボカドの皮を使って出した色です。いずれも、これまで廃棄されるだけだった材料をすくい上げ、新しい命を紡いで創造する仕組みです。

20150319_whole_5.jpg

20150319_whole_6.jpg

またこれらの材料集めなどもできるだけ近隣から行うようにしており、距離が許す移動は、すべて自転車で行っています。

すべて手作業による「WHOLE」の繊維製品。化学染料を使わないので、染色工の手はもちろん、製品を使用する人の肌も守る仕上がり。

明るく柔らかい色のクッションやタオルは、見ていると気持ちも和やかになります。オーガニックで使い心地も良く、上質なデザインのアイテムは、どんな部屋にも馴染み、そしてどんな部屋も上品に見せてくれそうです。

毎日の暮らしを上質にしてくれる、こんなステキなリネンは、いくつも欲しくなってしまいます。

20150319_whole_12.jpg

フランスのオンライン販売では、日本への発送も可能ですが、来月4月には、日本専門のインターネットショップもオープン予定です。

WHOLE

(冠ゆき)

  • facebook
  • twitter
  • hatena
冠ゆき
山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、国立大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド五年、イタリア三年半、中国四年半の生活を経た後、2013年夏フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40カ国。六ヶ国語を解する。多様な文化に身をおいてきた経験を生かして、柔軟かつ相対的視点から、フランスのあれこれを切り取り日本に紹介中。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。