1. Home
  2. ライフスタイル
  3. ファンデは一気に塗る。上品顔になれるメイクの引き算法

ファンデは一気に塗る。上品顔になれるメイクの引き算法

ファンデは一気に塗る。上品顔になれるメイクの引き算法

20150404_make_top.jpg

年齢とともにキャリアを積んできたメイクやスキンケアのスキル。

たくさん使ってきた商品の中からいつしか愛用ブランドが決まり、メイクの手順も一定になってきます。ついつい同じになりがちなメイクをちょっと足し算引き算するだけで、今がもっとも美しい、上品顔を目指せます。

そのポイントをいくつか紹介します。

くすみがちな目元にはハイライトを

まずは足し算から。

寒色やブラウン系のチーク、アイメークは、年齢とともにくすんで見えるようになります。そんな時は、メインカラーを乗せる前に下地としてハイライトなどの輝きを帯びた明るいカラーを先に入れ、その上からメインのカラーを乗せると、発色が明るくなり、さわやかで品のある印象が生まれます。

下地カラーをメインカラーよりもひとまわり広めに乗せておくと、メインカラーと肌の境目が自然になり、いかにも塗った感を抑えられます。

目の下のクマやくすみ隠しには、真っ白よりも黄色みがかった白やクリームイエロー系の方が自然に仕上がります。肌が白い人は、ピンクよりの白や薄ピンクの方が合うかもしれません。

アイシャドウは粒子の細かいものを選ぶ

明るさを出すために使うカラーは、粒子が細かいものを選ぶのが大人メイクにはマスト

粒子が粗いと肌から浮いてしまい、安っぽい品なしメイクに見えてしまいます。選ぶときはテスターを手の甲にのせてみてください。粒子が細かいものは、乗せた時に肌から粉が浮き上がらず、粒子と粒子の間からほとんど肌色が見えません。

20150404_make_up_top.jpg

左:粒子が細かいパウダー 右:粒子が粗いパウダー。

同じブラシを使って置いてみたところ、粒子が粗い方は粉が飛び散り、粒子と粒子の隙間から下の黒い部分が見えています。

ファンデは一気に塗る!

次に引き算

肌の色ムラやシミ、シワ隠しのためのファンデ重ね塗りは、かえって逆効果です。

ご存知のとおり、厚塗りすればするほどシワの溝がくっきりできて取れなくなり、老けた印象になってしまいます。また、乾燥が進んだ状態の肌にファンデをしっかり乗せると、肌からファンデが浮き上がり、ヨレの原因になってしまいます。

ヨレない、ムラにならない美人肌をつくるためには、

夏でもファンデの前にクリームを塗り、肌の潤いを保っておく(肌の潤いを保つことは、くすみ防止にもつながります)。

・ファンデは少量ずつ肌に乗せると塗りムラの原因に。1回分の量をおでこ・両頬・鼻・下唇の下に分けて一気に乗せ、スポンジでポンポンと叩きながらのばす

(汚れたスポンジも塗りムラの原因に! )。

この2つを守るだけでも、ずいぶんとメイク持ちに差が出ます。

どれも基本的なことですが、やるとやらないとで顔のニュアンスが大きく変わります。若作りではなく、今この時の自分をさらに美しく魅せる上品顔メイクのコツ、参考にしてみてください。

Artist doing professional make up of woman via Shutterstock

(力武亜矢)

  • facebook
  • twitter
  • hatena
力武亜矢
女性向け情報ライター。約20年に渡り女性マーケットの様々な業務に従事。コスメ、美容、開運、ジュエリー、着物などの販売、統括管理職、企画室長、広報職などを務めたのち、美容・健康を中心とした女性向け情報のライ ター、企業向けPRプランナーとして活動。過労による臨死体験を機に、上質な生き方についての情報発信にも積極的に取り組んでいる。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。