1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 元祖日本人トップモデルの世界を虜にした美しさ

元祖日本人トップモデルの世界を虜にした美しさ

元祖日本人トップモデルの世界を虜にした美しさ

20150407_sayoko_1.jpg

「三宅一生『馬の手綱』を着た小夜子」 撮影:横須賀功光 1975年

今では、海外で活躍する日本人モデルも珍しくないですが、70、80年代に世界のモードを席巻したモデルがいたことをご存知でしょうか。

日本人女性の美を世界に発信

20150407_sayoko_5.jpg

撮影:横木安良夫 1977年

1972年にファッションモデルとしてパリ・コレクションに参加して以来、圧倒的な存在感で瞬く間にトップモデルとなり、パリおよびニューヨーク・コレクションで活躍した山口小夜子さん。

20150407_sayoko_4.jpg

撮影:下村一喜 2005年

その神秘的なアジアンビューティーは、1974年にはアメリカ、ニューズウィーク誌に「世界の4人のトップ・モデル」として紹介されたほど。

と同時に山口さんは、モデルのジャンルを超え、女優としても多数の舞台、映画に出演したり、ダンスカンパニーに参加したり、衣装デザインを行うなどマルチな活動をし、その才能を発揮。ファッション、映像、音楽、文学、舞踏など諸表現が融合するパフォーマンスを展開していきました。

残念ながら2007年に亡くなりましたが、その偉大さは今でも語り継がれています。

多方面から探る「山口小夜子」

20150407_sayoko_2.jpg

生西康典+掛川康典 「H.I.S. Landscape」 (「六本木クロッシング」出品作品、森美術館、2004年)

モデルとしてだけではなく、クリエイターとしても多くのものを残した山口小夜子さんの軌跡を辿る展覧会「山口小夜子 未来を着る人」が4月11日(土)から東京都現代美術館で開催されます

この展覧会は、ファッション写真やアート作品まで、被写体としての山口小夜子の魅力を紹介したり、パフォーマーとしての活動が高画質映像によって蘇ったりと、いかにして彼女ができ上がり、その後、内なる思いを作品を通して発表したのかを観ることができます。

20150407_sayoko_6.jpg

結城座公演「ペレアスとメリザンド」舞台写真 1992年

さらに、晩年、彼女とコラボレーションを行ったアーティストたちが、「小夜子に捧げる新作インスタレーション」を作り上げ、体感型の空間を展開します。

オリエンタルなメイクで小夜子になれる?

20150407_sayoko_3.jpg

「資生堂 舞」 ポスター 撮影:横須賀功光 AD:中村誠 1978年

見るだけではなく、内側から小夜子を体感できるイベントとして「Be Sayoko! 小夜子になりたい!」も開催。

小夜子メイクを完成させたアーティスト、富川栄さんによるメーキャップ・ワークショップ&トークや彼女が習ったダンス・メソッドを体感するワークショップも行われます。

海外を真似するわけではなく、日本人が本来持つ美しさで

世界を魅了した山口小夜子さん。彼女がいなければ、その後の、日本人の美しさの定義も変わっていたかもしれません。今見てもどれも新鮮で、時代の最先端をいくものばかりです。

展覧会のタイトル通り、山口小夜子さんが、いつまでも「未来を着る人」でい続けていることを実感しますよ。

山口小夜子 未来を着る人会期:2015年4月11日(土)~6月28日(日)開館時間10:00〜18:00 ※入場は閉館の30分前まで休館日:月曜日(5月4日は開館)、5月7日(木)観覧料:一般1,200円、大学・専門学校生・65歳以上900円、中高生600円小学生以下無料(保護者の同伴が必要です)会場:東京都現代美術館 企画展示室B2F

(松崎桃子)

  • facebook
  • twitter
  • hatena
松崎桃子
フリーライター、構成作家。東京都出身。パリ第8大学で造形美術を学び、修士課程終了後帰国。現在は、FMラジオ番組の構成や海外とのコーディネーションをメインに、幅広くアウトプットをしています。音楽、美術、映画、ダンス、演劇、建築、そして、何よりもパンと自転車とフェスが好き。いつかはアフリカ大陸を縦断したいと企んでいます。Tumblr

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。