1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 3日間で巡る。北欧の人気都市、ヘルシンキの最新グルメ

3日間で巡る。北欧の人気都市、ヘルシンキの最新グルメ

3日間で巡る。北欧の人気都市、ヘルシンキの最新グルメ

20150415_helsinki_top.jpg

Scenic evening panorama of the Old Town pier in Helsinki, Finland via Shutterstock via Shutterstock

ムーミンにマリメッコ、北欧フィンランドは、大人の女性を乙女な気持ちにさせてくれるものがたくさんあります。なかでも首都・ヘルシンキは洗練された都市感と豊かな自然が調和する注目都市

そんなヘルシンキを3日間で楽しむための書籍があります。それが『3日でまわる北欧 in ヘルシンキ』。

20150415_helsinki_book.jpg

著者は長年北欧で取材を重ね、自らも北欧ビンテージショップ「Sticka(スティッカ)」を営む森百合子さん。

フィンランドといえば!な定番アイテムから、最新の食トレンド、おやつ、ショッピング、中には珍味や変わり種のお土産まで、普通のガイドブックではカバーできない、現地に詳しい著者ならではのスポットがぎっしりつまっています。

トラムと地下鉄を使った3日間で楽しむルート

20150415_helsinki_bus.jpg

この本は、3日間でヘルシンキを楽しもう!というもの。小回りの効くトラムと地下鉄で街を巡る具体的ルートが紹介されています。空港から市内までの交通情報やトラム、地下鉄のお得な買い方、あいさつなどの簡単なフィンランド語なども紹介されているので、ガイドブックとしても密度が濃いのです。

まずは、人気ベーカリーなどの定番スポットを巡る

20150415_helsinki_bread.jpg

初日のスタートは地元で人気のベーカリーでおいしい焼きたてパンをほおばることからスタート。腹ごしらえしてからヘルシンキの3日間が始まります。

続いては、マリメッコやイッタラでの買い物はもちろん、朝市でイチゴやピロシキをつまんだり、蚤の市でビンテージの器を探したり、湖のそばでシナモンロールを食べながらひと休みしたりーー。

20150415_helsinki_interier.jpg

郵便局で、ムーミンや北欧柄のカワイイ切手を選んでエアメールを出すという楽しみ方も提案されていました。デザインに興味のある人なら、ヘルシンキの美術館やデザイン&インテリアショップが集結した「デザイン ディストリクト」ははずせないだろうし、フィンランドのデザインやビンテージ雑貨についての解説は読み応えがあり、器やインテリア雑貨を買うときに必ず役に立つはずです。

提案された3日のルートで周れば、朝から夜までまるごとヘルシンキの今を楽しむことができるのがわかりますよ。

最新トレンドショップやフィンランドだからこその食文化も

20150415_helsinki branch_.jpg

ヘルシンキでは今、週末にゆっくりとブランチをとるのが流行っています

同書籍のなかにもおすすめブランチスポットがしっかり紹介されています。また、名物シェフのレストランやマリメッコの社食を手掛けたフィンランド流タパスの店など、フィンランドの最新グルメ情報も。

20150415_helsinki_restaurant.jpg

ほかにも、地ビールや伝統的なおやつなど、フィンランドの日常が垣間見えるスポットも登場します。

フィンランド人はコーヒー好き!

20150415_helsinki copy_coffee.jpgフィンランドの国民ひとりあたりのコーヒー消費量は世界でもトップクラス! だからこそ、コーヒーショップにはぜひ立ち寄りたいところです

この本では、フィンランドのバリスタチャンピオン、ラウリ・ピピネン氏が手掛けるコーヒーのセレクトショップを紹介、ピピネン氏が語る「フィンランドのコーヒー事情」も掲載されています。日本におけるコーヒーブームと比べてみると、興味深い! フィンランドのコーヒームーブメント、これから目が離せません。

フィンランドが、そしてヘルシンキがもっと身近になる1冊。ピザ好きだったり、クマ好きだったり(!)といった、フィンランド人の意外な一面も知ることができます。最後には「フィンランド人になる方法」なんてページも。現地に行って、それをやってみるのも楽しいかもしれませんね。

夏は白夜になるフィンランド。太陽が沈まないこの季節をねらって、3日間のヘルシンキを堪能しませんか?

3日でまわる北欧 in ヘルシンキ著者: 森 百合子価格:1,600円(税抜)発行: SPACE SHOWER BOOKS

画像提供:『3日でまわる北欧 in ヘルシンキ』

(田村のりこ)

  • facebook
  • twitter
  • hatena
田村のりこ
ライター。旅行会社のグループ会社で販促物の制作・コピーライティングを担当、その後フリーライターに。旅行ガイドブックやリージョナル雑誌、WEBサイトなどを中心に活動中。NY・ハーレムとニューオリンズ、空港、音楽、映画好き。海外から運ばれてくるおみやげ、異国のにおいがココロの栄養。日常の中に旅気分を探しだすことが日々の楽しみ。毎日が旅気分! ブログ>>

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。