1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 気持いいと思えるくらいゆっくりまわす「足首まわし」で冷えとり

気持いいと思えるくらいゆっくりまわす「足首まわし」で冷えとり

気持いいと思えるくらいゆっくりまわす「足首まわし」で冷えとり

20150416_ashikubi_1.jpg

ワークアウトに欠かせない「準備運動」。なかでも、「足首をまわす」アクションは、忘れずにやっている人は多いのではないでしょうか。

もちろんケガをしないようにと思ってやっていることですが、普段やっているぐるぐるする足首まわしでは、ケガの予防効果や健康効果はないと主張しているのが、体がよろこぶ超「足首まわし」: 体と心の疲れ・不調・痛み・冷えをとる一生役立つ健康法!』(ミッキー寺澤著、三笠書房)の著者。さらには、正しい足首まわしをすることで、免疫力アップや、老化防止、美容効果が得られると言っています。まずは次のチェックリストで自分の足首の状態を確認してみてください。

□立った状態で、太ももを片方ずつ高く上げてもグラつかない。□片足立ちを、30秒間グラつかずに続けられる。□目をつむったまま、30秒間つま先立ちができる。□左右の膝頭をつけ、足を揃えて、イスに長時間座っていられる。□ラクに正座ができて、痛みをどこにも感じない。□ラクにあぐらで座れて、痛みをどこにも感じない。□足の指で地面をしっかりつかめる。□左右の足の間をなるべくピッタリとくっつけ、両手を前に伸ばし、かかとを上げずにしゃがむ。そのまま、手を腰の後ろにまわしても安定している。

体がよろこぶ超「足首まわし」: 体と心の疲れ・不調・痛み・冷えをとる一生役立つ健康法!』P.47ページより引用

リストのアクションを、やってみるとびっくりするくらい、どれもできない......! 気になるチェックの結果は下記の通りです。

チェックの数が0~2個は、「足首カチカチ警報」タイプ。足首にコリがある、左右の足首に差があって均等に使えていないそうです。

チェックの数が3~5個は、「足首コリコリ注意報」タイプ。足首に、少しコリがあり、冷えやむくみといった悩みも多いのだとか。

チェックの数が6~8個は、「足首ゆるゆる健康タイプ。足首は柔らかく保たれ、土台はしっかりと安定しているといいます。(47ページより)

ライフハッカー[日本版]」より引用

ちなみに私は、「足首コリコリ注意報」タイプでした。たしかに、むくみも冷えもなかなかしぶといと自覚しているので思わず納得です。

そして足首の凝りをほぐし、「足首まわし」の健康効果を高めるのが、次に紹介する「基本の足首まわし」。

1.イスに座って右足を左の太ももに上げ、片足だけあぐらを組む。2.右手の親指と人差し指で、右足首の距骨をはさむ。3.右の足指の間に左手をなるべく奥まで入れ、グゥッと握る。4.1周15秒以上かけて、足首をゆっくり大きくまわす。5.3回転したら、反対向きに3回転。左足も同様。

体がよろこぶ超「足首まわし」: 体と心の疲れ・不調・痛み・冷えをとる一生役立つ健康法!』P.53より引用

この「基本の足首まわし」は、冷えたりこったりしやすい足首をゆるめて、全身の血流をアップする効果が免疫力アップ、老化防止、美容効果があり、生活習慣病や不眠の解消にもつながるそうです。さらには、外反母趾などの足特有のトラブルにも効果的なんだとか。

コツは、とにかく、ゆっくり、そして自分が気持いいと感じるようにやること。1日に何回やってもOKなので、テレビを観ながらや、眠る前などすればリラックス効果もありあそうです。

むくみと冷え防止の「ながら美容」のひとつとして始めたいと思います。

ライフハッカー[日本版]

Soft photo of woman feet with slippers, top view point via Shutterstock

(若松真美)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。