1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 1年中同じケアはNG。春夏のヘアケア方法

1年中同じケアはNG。春夏のヘアケア方法

1年中同じケアはNG。春夏のヘアケア方法

20150423_hair_care_top.jpg

過ごしやすい季節がやってきました。

暖かい陽気にウキウキにしていまいますが、美容の大敵、紫外線に気をつけなければいけない時期です。

肌はもちろんですが、油断しがちなのが、髪。寒い冬はとにかく乾燥との戦いでしたが、気候が違えば、お手入れ方法も変わります。春夏用のケアやスタイリングをして切れ毛や枝毛の無い美しい髪を手に入れるのが賢いといえそうです。

春はナチュラルヘアを楽しめる季節

春は湿気も多くなくて髪の毛にとっては最高の季節です。スタイリングはしないでナチュラルなままでいることができる唯一の時期です。髪の毛を伸ばして、夏にさっぱりと切るのがおすすめです。
youbeauty」より翻訳引用
春のスタイリングはナチュラルなままで良いと聞いたらなんだか嬉しくなりました。流行の寝起き風ナチュラルヘアも存分に楽しめます。また、スタイリングがラクな今の季節は少し眺めのヘアにしたいなんて人には伸ばすにはうってつけ。春は犬の毛だって生え変わりの時期。自然体の自分の髪の力を信じてあげたいです。

ケア製品は軽いテクスチャのものを

また、
冬と同じヘアケア商品を使っていると、夏場は重くなりすぎてしまうので注意が必要です
youbeauty」より翻訳引用
季節が変わればケアも変わる。基本的な事のようで気がつきませんでした。もし今残っている同じスタイリング剤を引き続き使うようであれば、冬と同じ量より気持ち少なめになど、より季節に敏感に、より自分の髪の状態と向き合って正しいケアをしていきたいです。

夏は熱が大敵

夏場は日光で痛んだ髪の毛を更に傷めてしまい、枝毛や切れ毛の原因となる高温でのスタイリングは避けましょう。(中略)カラーリングしている人更に傷みやすいのでカラー専用のシャンプーとリンスを使用し、ヒート・プロテクト・スプレーを使用しましょう。
youbeauty」より翻訳引用
嫌でも紫外線を浴びてしまう季節。更に傷む原因を作らないに越した事はありません。ドライする時も時折クール・モードで乾かすのもよいかも知れません。

プールや海の前にしておきたいケア

プールや海に入る前には髪の毛を水で濡らし、サーマル・プロテクターでスプレーしておけば、塩素や塩が原因で切れ毛や枝毛ができるのを防ぐ事ができます。
youbeauty」より翻訳引用

夏にプールや海へ行く人も多いはず。事前に水に濡らすだけでも効果があるとは知りませんでした。サーマル・プロテクター・スプレーとは紫外線や熱、環境に強い髪を作るトリートメントの事。スプレーなら手軽ですぐに取り入れられそうです。

いかがでしたか?

春夏には春夏なりのヘアケアがあり、年中同じケアではダメなことがわかりました。これからはより季節や気候に敏感になり、綺麗な髪を目指して行きたいと思います。

youbeauty

woman wearing sun glasses on summer via Shutterstock

(石井真代)

  • facebook
  • twitter
  • hatena
石井真代
英文科卒。東京で某ブランドにて4年間勤務。夫の転勤によりアフリカで3年、関西で4年暮らし、現在は3歳から8歳まで過ごした英国にて生活中。趣味は散歩。知らない街の空気を吸って歩くこと、写真を撮ることが好き。夫の重度のアトピーを食事療法で完治させた経験から自然食に目覚める。食に限らず作り手の思いが伝わるモノ、ファッション、インテリア、アートが好きな30代主婦。ロンドンでの日々の記録「ロンドンデイズ」をゆるりと更新中。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。