1. Home
  2. ライフスタイル
  3. パッキングと荷物運びから解放される、旅の画期的サービス

パッキングと荷物運びから解放される、旅の画期的サービス

パッキングと荷物運びから解放される、旅の画期的サービス

20150518_packing_top.jpg

インターネットを使った便利なサービスが次々に生まれていますが、最近、アメリカで始まったばかりの「DUFL」は、久々に、ナイスアイデア!と喝采を送りたくなりました。

アプリ上で衣類を選べば、旅の準備は完了

出張や旅行の際に頭が痛いのが、荷物のパッキング。

ですが、こちらのサービスは、必要な衣類を畳み、スーツケースに詰め込み、帰宅後に荷解きをし、洗濯してしまう、という一連の面倒な作業を全部やってくれるのです。

さらにすばらしいのが、スーツケースを滞在先まで配送してくれること。行きも帰りも重い荷物を引きずることなく、手ぶらで移動できます。

旅のスタイルを一新しそうな、そのシステムを紹介します。

1.無料アプリをダウンロードまずはアカウントを開きます。現在はiOSのみの対応です。

2.自宅にスーツケースが届く旅行用の衣類を詰めて、DUFLに送り返します。24着まで可能です。

3.衣類がデータ化される送った衣類は整理され、写真撮影の後にデータ化。目録が作られ、倉庫に保管されます。

4.写真の中から必要な衣類を選ぶ

旅の前に、アプリ上の「バーチャル・クローゼット」の中から衣類を選択。DUFLがパッキングをし、滞在先のホテルまで配送してくれます。

帰りも手ぶら。荷解きもクリーニングも省略できる

あとは、出かけるだけ。到着したら、ホテルでスーツケースを受け取ります。旅が終わったら荷物は滞在先でピックアップされるので、帰りも身軽。DUFLに送り返された衣類はクリーニング後、保管されます。次回からは、アプリ上で衣類を選択するだけで、旅支度は終了し、他の一切はDUFLがやってくれるというわけです。

いわば、宅配便とクリーニング、ストレージの合体サービスで、時間と労力だけでなく、衣類を保管するためのスペースもセーブできるのが良いと思います。月に何度も出張があるような、多忙なワーキング・ウーマンにはありがたいサービスです。

費用は、1回の旅行につき99ドル(約1万2000円)。衣類の保管代が月々9.95ドル(約1200円)。まだアメリカでも始まったばかりですが、今後は世界展開も狙っているようです。

スマホのアプリで生活がどんどん便利に

スーパーでの買い物代行など、「誰かがやってくれないかな」と生活の中で思うことが、スマートフォンのアプリでどんどんサービス化され、気軽に利用できるようになってきている現在。次はどんなアイデアが、新たなビジネスとして実現されるのでしょうか。

DUFL

Close-up of girl packing her suitcasevia Shutterstock

(田上晶子)

  • facebook
  • twitter
  • hatena
田上晶子
ライター、コピーライター、翻訳業。東京でコピーライターとしてコスメ・ファッション・食品等の広告制作やネーミング、ブランディングに携わった後、渡米。現在、シアトル在住。海あり、山あり、湖あり、程よく都会でリベラルな北西部で楽しく暮らす。ビンテージドレス、アメリカ文学、音楽、お茶、健康、ヨガ、ランニングと睡眠と冒険が好物。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。