1. Home
  2. ライフスタイル
  3. ナイトミュージアムに野外シネマ。気分一新、都心のアートフェス

ナイトミュージアムに野外シネマ。気分一新、都心のアートフェス

ナイトミュージアムに野外シネマ。気分一新、都心のアートフェス

20150707_momat_3.jpg

夏フェスというと、野外で楽しむ音楽フェスのイメージが強いですが、今年の夏はアートも負けていません。東京国立近代美術館では7月31日(金)から8月2日(日)まで「MOMATサマーフェス」と題したイベントが開催されます。普段とは違うスタイルで、美術館を楽しめるスペシャルな3日間です。

時間延長のナイトミュージアム

7月31日と8月1日は、夜10時まで美術館が開館。展覧会も10時まで鑑賞できるので、普段は忙しくてなかなか足を運ぶことができない人でも、会社帰りに立ち寄れます。

現在は、作品はもちろんのこと美術館の設備や活動、そこに集う人々まで多面的に美術館そのものを紹介する「No Museum, No Life?―これからの美術館事典 国立美術館コレクションによる展覧会」を開催。アート初心者にもわかりやすい新しい美術体験が楽しめるんです。

夏の夜に気持ちよい野外シネマ

20150707_momat_2.jpg『郵便配達の学校』

また、7月31日、美術館前庭では移動映画館「キノ・イグルー」セレクトによる野外シネマを実施。ジャック・タチ『郵便配達の学校』や、チェコ アニメ『もぐらのクルテク』ほか、夏の夜にぴったりな短編作品が屋外スクリーンにて上映されます。

朝から美術館でダンス

夜までアートを堪能した翌日の8月2日は、朝8時から開館。この日は、所蔵作品展を無料で鑑賞できます。また、朝9時からは ダンサーの永井美里さんと、美術館のキュレーターが先生になって、東京国立近代美術館の所蔵作品をモチーフにしたオリジナル体操を披露。

藤田嗣治やフランシス・ベーコンといった作家の作品がダンスによってどう表現されるのか? 朝から一緒になって身体を動かした後に実際にモチーフになった作品を鑑賞することができます。

さらに、ギャラリートークや過去に東京国立近代美術館にて、開催された展覧会のカタログがお得な価格で販売されるヤードセールなど盛りだくさんの内容です。

美術館でピクニック

サマーフェス開催中の3日間をとおして、美術館の前庭にはヴィーガン定食屋yoyo.(VEGEしょくどう)、コーヒーのある風景をつくりだすユニット「L PACK」、TAKIBI BAKERYがプロデュースする「SALT & SOIL EATERY & DELICATESSEN」のフード&ドリンクの屋台も出店します。

20150707_momat_4.JPG

Hammock2000(イメージ)

さらに、心地よいハンモックも登場し、 緑の中でゆらゆらすればまるで都会にいることを忘れるような体験ができそう。

アートを通して夏気分をさらに盛り上がる「MOMATサマーフェス」。普段はどこか堅いイメージのある美術館ですが、これならとても身近。アートとの距離も縮まるお祭りです。イベントはいずれも申込不要で参加無料なので、気軽に立ち寄りたいですね。

MOMATサマーフェ

期間:2015年7月31日(金)〜2015年8月2日(日)会場:東京国立近代美術館 前庭住所:東京都千代田区北の丸公園3-1開館時間:7月31日(金)および8月1日(土) 10:00〜22:00 8月2日(日):8:00〜17:00 いずれも入館は閉館の30分前まで

(松崎桃子)

  • facebook
  • twitter
  • hatena
松崎桃子
フリーライター、構成作家。東京都出身。パリ第8大学で造形美術を学び、修士課程終了後帰国。現在は、FMラジオ番組の構成や海外とのコーディネーションをメインに、幅広くアウトプットをしています。音楽、美術、映画、ダンス、演劇、建築、そして、何よりもパンと自転車とフェスが好き。いつかはアフリカ大陸を縦断したいと企んでいます。Tumblr

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。