1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 真夏の快眠を誘う、ベッドルームの作り方

真夏の快眠を誘う、ベッドルームの作り方

真夏の快眠を誘う、ベッドルームの作り方

20150722_kaimin_top.jpg

マイロハスより転載:さでなかなか寝つけなかったり、夜中に何度も起きてしまったり。さらには、これらの睡眠不足が影響して、仕事中に眠くなってしまうこともしばしば。

なんと最近では、ハチなどの虫も睡眠不足が原因で作業が雑になる、という研究結果まで出ているそう!

取り返しのつかないミスを犯す前にも、早急に策を練りたいところ。寝具メーカー・東京西川のスリープマスター杉原さんに伺ったところ、夏場に上質な睡眠を得るためには、帰宅後からベッドに入るまでに、寝室の環境を整えることが大事なんだそう。

そこで今回は、寝苦しい夏でも心地よい睡眠へ誘うベッドルームの作り方をご紹介します。

1.寝室の窓・扉をすべて開ける

家に帰ってきたら、まず寝室の窓はもちろん、クローゼット・押入れの扉も開け、こもった熱を追い出し、隅々まで換気をしましょう。

2.室内の温度・湿度を管理する

夏場の理想的な寝室環境は、温度が25~28℃、湿度が50~60%程度。寝ついてから3時間を快適に過ごせれば、朝までぐっすり眠れると言われています。エアコンの除湿機能なども使って、温度と湿度を調整しましょう。このとき、扇風機を壁に当てるようにして併用すると、涼しい風がすばやく部屋全体に行きわたります。

3.アロマを活用する

入眠時には部屋の温度を25~26℃に設定しておき、その後タイマーなどで28℃程度にゆるやかに設定しておくと、体が冷えることなく快適に目覚められるそう。また、どうしても暑くて眠れないという人は、アロマを使うのもひとつの方法。ペパーミントの香りは体感温度を下げる効果があるので、お湯を入れたマグカップや、ハンカチやコットンに数滴たらして枕もとに置いておくのも効果的です。

4.入眠しやすいベッドをつくる

頭部は、冷感ピローパッドなどで冷やし、足元にはタオルケットなどをかけて適度に保温するようにしましょう。こうすることで、上半身の熱が末端に移動し、深部体温が下がるため、入眠しやすい状態になるのだそう。

150717cool.jpg

寝返りのたびにひんやり感が得られる「接触冷感性」や心地よいひんやり感を長持ちさせる「吸湿気化冷却効果」がある機能素材を使用。クールタッチ クールセンサー®EX 冷感パッドシーツ 20,000円(税別)~/冷感ピローパッド 5,000円(税別)

これまで適当に設定していたエアコンですが、朝起きたときに足が重かったり、なんとなくだるかったりと、じつは翌朝のコンディションを大きく左右するもの。

さっそく、エアコンの設定を見直すと同時に、涼感リネンやアロマを取り入れて、朝までぐっすり眠れる、快適なベッドルームを作りたいと思います。

Bedroom modern design with furnishing via Shutterstock

(マイロハス編集部/林)

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。