1. Home
  2. ライフスタイル
  3. サラサラのストレートヘアをつくるケア方法3つ

サラサラのストレートヘアをつくるケア方法3つ

サラサラのストレートヘアをつくるケア方法3つ

20150810_straighthair_top.jpg

さっそうと流れるストレートヘアは、女性の永遠の憧れです。

例えば海外セレブたち。サラ・ジェシカ・パーカーにジェニファー・アニストン、グウィネス・パルトロウ......大人の美しいセレブたちは皆ストレートロングヘアがトレードマークになっています。

確かに艶のあるサラサラのストレートヘアは、レッドカーペットではドレスに映えますし、普段使いのジーンズでもシャープな印象を生みだします。私たちのオフィスや家でのオンとオフでも同様のことが言えそうです。でも、ロングヘアに、ストレートとくれば手入れが大変そうというイメージ。美しいストレートヘアを編み出すには、どのようなテクニックが必要なのでしょうか。海外サイト「youbeautyに、そのヒントが紹介されていました。

洗髪後はドライヤーで髪を完全に乾かし切ることが大事

ドライヤーで髪を乾かす時は、ロールブラシを使い髪全体を小分けにして、丁寧に毛先の方向へゆっくりと伸ばしていきましょう。とにかくまずはしっかりと髪全体を乾かすことが大事です。半乾きのままでヘアアイロン等を使うことは絶対に避けましょう。

youbeautyより翻訳引用

大きめのロールブラシを使って、まずは髪全体をしっかり乾かすことが重要です。

これが基本であり、一番大切な作業と言っても過言ではないようです。中途半端なまま次のステップのアイロンやコテで髪を伸ばしていくと、髪を痛めてしまうだけではなく、一気にコシを失いまとまりのない髪になってしまうそうです。

ヘアアイロン&ツヤ出しスプレーを使用

ヘアアイロンを使って完全にストレートヘアを作り上げた後に仕上げのツヤ出しスプレーをします。その際、毛先に少量だけかけるようにしましょう。頭部から全体にかけていくと脂っぽく重い印象になります。

youbeauty」より翻訳引用

仕上げのツヤ出しスプレーは、ついつい髪の毛全体に行き渡らせようと上からかけてしまいがちですが、毛先部分のみにかけるのがポイントだそうです。確かに、毛先が輝いていると全体に動きのあるナチュラルなストレートヘアができそうです。

毎日シャンプーをしないことで美髪をキープ

ハードな仕事を終えた後、髪が脂っぽくなってきたと感じたらドライシャンプーで地肌をマッサージするようにしましょう。余分な皮脂を吸収してくれるので、そのまま数日間美しいストレートヘアをキープできます。

youbeauty」より翻訳引用

実は、欧米の海外セレブたちの多くは髪を2、3日に一度しか洗いません。毎日洗うと頭皮の脂分を必要以上に洗い流してしまうことになり、乾燥を招き抜け毛や髪のツヤをなくしてしまう原因になるそうです。

髪に汗や脂分が出てきた時は、ドライシャンプーやベビーパウダーで地肌をマッサージすると脂分を吸収し、良い香りとボリュームを残してくれるそうです。

それゆえに洗髪を毎日する必要はなく、数日に一度洗うだけでツヤとハリを残したままの美髪がキープできるのです。

毎日洗髪している人からすると少し抵抗があるかもしれませんが、髪のためには確かにこの考え方は一理あります。

そのほか、基本的な手入れとして週に一度はコンディショナーでしっかりトリートメントをする、ドライヤーで乾かす前に毛先に痛み防止のヘアスプレーをしておく、きちんと髪を熱から守ってくれるヘアアイロン製品を見極めて使う、などがあります。

これからストレートヘアを目指したい方も、このまま維持したい方もぜひ参考にしてみてください。

youbeauty

image via Shutterstock

(奥井亜輝)

  • facebook
  • twitter
  • hatena
奥井亜輝
webライター。神戸大学アメリカ文学専攻卒業後、出版社で編集者として勤務する。その後、私学中高英語教員を経て現在は英語講師をしながら翻訳や執筆活動をする。大人のハワイスタイルを提案する「Jewel-Taccatoジュエル・タッカート」主宰。将来は、双子の娘たちと日本とハワイを往復しながら自由気ままに暮らすのが夢。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。