1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 夏のお疲れ肌をなかったことにする簡単メイクテク3つ

夏のお疲れ肌をなかったことにする簡単メイクテク3つ

夏のお疲れ肌をなかったことにする簡単メイクテク3つ

夏の疲れが肌にあらわれやすくなる時期。

だからといって外に出ないワケにも、顔を隠して歩くワケにもいかず......。そんなときは、いつものメイクにこっそりプラスワンするだけでお疲れ肌をなかったことにする、しのばせメイク術を投入しましょう。

1.いつものチークがくすんで見えたら「しのばせチーク」を

いつもと同じチークなのに、色がくすんで見えるときは、冷房や夏バテなどで疲れたカラダの血行が思わしくないのかもしれません。普段使っているチークを塗る前に、それよりワントーン明るい色か、ふんわり感のあるベビーピンクを下地に加えると、血色がいい頬を演出できます。

2.どうにも隠れないクマには「しのばせコンシーラー」

目の下のクマがいつものコンシーラーでは隠れなくなったら、先にワントーン暗い色のコンシーラーをうすく塗ってから、いつものコンシーラーをオンしましょう。

クマのラインに沿って塗るとかえって目立ちますので、ラインをぼかすようにたたいて伸ばすのがポイントです。

一般的に、血色の悪さによる青っぽいクマにはオレンジ系、肌のくすみによる茶色のクマにはイエローかベージュ系のコンシーラーが馴染むとされています。たるみによる影でできる黒いクマは、少し広範囲に明るめの色を仕込むと、目立たなくなります。

3. 疲れを強調する下がり口角には「しのばせリップライン」

疲れていることを周りから悟られやすいポイントのひとつが、下がった口角です。

ただでさえほうれい線沿いにあることで下がって見えやすいのに、最近はスマホを見るときに下を向く習慣が増えたため、より下がりやすくなっています。「あ、自分のことだ」と思ったら、とりあえずリップラインの口角を上向きに描き、ヘルシーな雰囲気を作り出して。

ただし、リップラインのトレンドはボカシ感なので、口角の輪郭はしっかりと描き、中央にいくにしたがってボカシ気味にする方がイマドキくちびるになります。しっかり描きたいときは、なるべく唇の色に馴染むカラーをセレクトすることをオススメします。

もちろん、お疲れ肌を改善する根本的な解決にはなりませんが、美肌に戻るまでの応急処置として、使ってみて欲しいテクニックです。

image via Shutterstock

(力武亜矢)

  • facebook
  • twitter
  • hatena
力武亜矢
女性向け情報ライター。約20年に渡り女性マーケットの様々な業務に従事。コスメ、美容、開運、ジュエリー、着物などの販売、統括管理職、企画室長、広報職などを務めたのち、美容・健康を中心とした女性向け情報のライ ター、企業向けPRプランナーとして活動。過労による臨死体験を機に、上質な生き方についての情報発信にも積極的に取り組んでいる。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。