1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 模様替えがしたくなったら自由が丘へ。イデーの新しい提案

模様替えがしたくなったら自由が丘へ。イデーの新しい提案

模様替えがしたくなったら自由が丘へ。イデーの新しい提案

お部屋の雰囲気を変えたい、季節によってアレンジしたい、家具が欲しい......と思った時に足を運ぶのが、自由が丘エリア。その中でも「イデーショップ 自由が丘店(IDÉE SHOP Jiyugaoka)」は、広さやアイテム数の多さから訪れる人も多いショップです。

装いも新たにリニューアルオープン

20150825_idee_dm.jpg

その「イデーショップ 自由が丘店」が9月18日(金)にリニューアルオープン。3つのフロアからなるショップの構成や取り扱いアイテム、サービスを再編集し、新しく生まれ変わります。「Laugh & Luxe」をキーワードに上質さ、心の満足感とともに思わずにやっと笑ってしまう遊び心や柔軟さを感じられるような生活を提案していきます。

日常アイテムからお部屋づくりのサポートまで

1階には、クラフト、キッチンツール、テーブルウエア、アパレルにジュエリーなど長く愛着を持って使うことができたり、大切な人に贈りたくなるようなアイテムが紹介されます。

使ってみたかった! コーディネートに取入れてみたかった! と毎日がより豊かになるような商品ばかり。お部屋の印象をがらりと変えるグリーンも取り扱っています。

2階は、様々なテーマを設けて、常に大小約20のスタイリングシーンを展開。素材や色の組み合わせや空間の使い方など実際にスタイリングされたものに触れることで、アイディアのソースになったり、自分の部屋に合うのかイメージが膨らみやすくなるので、自分らしい暮らしを楽しみながら見つけていくことができます。

そして、アートギャラリーやラウンジを設けた3階は、生地選びなど専門スタッフにゆっくりとコーディネートの相談ができるようになります。お部屋の悩みもプロが助けてくれたら心強いですね。一緒にアイディアを練ってもらえば、理想的な部屋や暮らしが叶えられます。

新作アイテムも登場

リニューアルオープンにあわせ、新作家具や新たなコンテンツも登場。ベルギー出身のデザイナー、マリナ・ボーティエと取り組んだ新しいシリーズ「DIMANCHE(ディモンシュ)」からはソファーとローテーブルに加え、この秋からはダイニングテーブル、チェア、トロリーも発売になります。

20150825_idee_marina.jpg

とてもナチュラルでリラックスできるマリナ・ボーティエの家具は飽きのこないデザインなので長く愛用できそうです。

さらに1階には月替わりでクラフトがフィーチャーされるコーナーも誕生するので、定期的に訪れたいですね! 小さなアイテムから大胆なインテリアコーディネートまで全てが理想に近づく「イデーショップ 自由が丘店」。お部屋が心地よくなると、生活そのものも楽しくなりますよ。

イデーショップ 自由が丘店]住所:東京都目黒区自由が丘2-16-29電話:03-5701-7555営業時間:11:30〜20:00(土日祝 11:00〜20:00)定休日:不定休

  • facebook
  • twitter
松崎桃子
フリーライター、構成作家。東京都出身。パリ第8大学で造形美術を学び、修士課程終了後帰国。現在は、FMラジオ番組の構成や海外とのコーディネーションをメインに、幅広くアウトプットをしています。音楽、美術、映画、ダンス、演劇、建築、そして、何よりもパンと自転車とフェスが好き。いつかはアフリカ大陸を縦断したいと企んでいます。Tumblr

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと

    MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報

    招待制イベントへの会員限定コードなどをご案内いたします。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方は、ぜひ会員にご登録ください(無料)。