1. Home
  2. キャリア
  3. 勝負のプレゼン前に。脳を活性化する食べ物5つ

勝負のプレゼン前に。脳を活性化する食べ物5つ

勝負のプレゼン前に。脳を活性化する食べ物5つ

大事なプレゼンがある日。前夜、遅くまで準備に取りかかり、緊張とプレッシャーのなか当日の朝を迎えることがあります。そんなとき、ストレスを少しでも緩和できれば、と思うことがあるはずです。

心をリラックスさせる「ポップコーン&グラノーラ」

現場へ直行するまえに口に入れておくと、プレッシャーをリラックスに変えてくれる食べ物があります。BRIT+CO」でまず紹介されているのが、ポップコーンとグラノーラ。不安を解消し、心をリラックスさせる効果が期待できるといいます。

ポップコーンやグラノーラのような全粒穀物は、脳をリラックスさせ心身の安定を促す神経伝達物質(セロトニン)を活発に分泌してくれます。

BRIT+CO」より翻訳引用

プレゼン前にストレスや不安で押しつぶされそうになったときは、まず、ゆっくり深呼吸をしてみましょう。そして炭水化物、なかでも全粒のものをしっかり摂ることで脳内バランスが整うそうです。セロトニンは、不安を取りのぞき、落ち着いた心を取りもどしてくれるのみならず、満足感や自信をもたらしてくれる体内物質です。ここ一番の勝負に取りいれて、力を発揮したいものです。

頭の回転が早くなる「ビーツ&アボガド」

そしてビーツとアボカド。

ビーツをジュースにして飲むと、含まれている硝酸塩の働きで脳に血流が押しあげられ、記憶力をシャープにしてくれる作用があります。さらなる効果を期待するなら、ビーツとアボガド、シェーブルチーズのサンドイッチを作ってみるのもいいでしょう。

BRIT+CO」より翻訳引用

テキパキとプレゼンを進めていくためには、脳をスッキリさせておく必要があります。ビーツは血流をスムーズにし、頭の働きをクリアにしてくれます。また、同様に脳の働きを活発にしてくれるアボガドとも相性抜群です。手っ取り早くビーツをジュースにしていただくもよし、アボガドと一緒にしっかり補給するもよし、大事な日のエネルギーフードとしてぜひ取りいれてみたいと思います。

記憶を鮮明にする「ダークチョコレート」

記憶力改善に一役買ってくれるのが、ダークチョコレートです。

砂糖などの甘いものが欲しくなったら、ダークチョコレートを食べるようにしてください。これらは繊維、鉄、マグネシウムが豊富で脳を活性化し、記憶力を研ぎ澄ましてくれます。

BRIT+CO」より翻訳引用

緊張のあまり、プレゼン中に記憶がとんだり、重要なことを訴え忘れたりすることもありえます。そんな事態を防ぎたいなら、プレゼン前にダークチョコレートを口にしておくと良いでしょう。

チョコレートであれば何でもいいわけではなく、ココアフラバノールという成分が含まれているもの、つまりカカオ含有量の多いダークチョコレートこそ効果があります。そのまま食べてもいいですし、チョコを溶かしてフルーツにコーテョングすればビタミンと一緒に補給できリラックス効果も得られます

忙しい朝であっても、これらなら手軽に用意ができてサッといただくことができそうです。上記のフードを食べて、落ち着いてプレゼンに臨みたいと思います。

[BRIT+CO]

image via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena
奥井亜輝
webライター。神戸大学アメリカ文学専攻卒業後、出版社で編集者として勤務する。その後、私学中高英語教員を経て現在は英語講師をしながら翻訳や執筆活動をする。大人のハワイスタイルを提案する「Jewel-Taccatoジュエル・タッカート」主宰。将来は、双子の娘たちと日本とハワイを往復しながら自由気ままに暮らすのが夢。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。