1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 短い、細い、薄い、少ない。切実な40代の「まつ毛」問題

短い、細い、薄い、少ない。切実な40代の「まつ毛」問題

Sponsored

短い、細い、薄い、少ない。切実な40代の「まつ毛」問題

豊かな艶のある髪、凛とした眉、優雅にカールした長いまつ毛――。

ムダ毛はあんなにイヤなのに、この3パーツの「毛」だけは別。いつまでも元気よく生えていてほしいと、多くの女性が願っていると思います。

盲点だった、まつ毛の問題

でも残念ながら、加齢とともに「まつ毛」は薄くなっていくのが現実です。40代前後になると、ボリュームの減少に加え、加齢によって短く、細く、薄くなる傾向にあるといわれています(※1)

マスカラをつけても、以前ほど存在感がない。ビューラーでカールしても、すぐにカールが落ちてしまう......。そんな不満を感じたら、それはマスカラやビューラーの良し悪しではなく、まつ毛の老化が原因かもしれません。

※1:Dee A. Glaser, et al; Epidemiologic Analysis of Change in Eyelash Characteristics With Increasing Age in a population of Healthy Women., American Society for Dermatologic Surgery 2014;40:1208~1213

やりがち? まつ毛メイクが悪循環に

もともと日本人は、欧米人とくらべてまつ毛の本数が少なく、まつ毛のカールの角度も小さいのだそう(※2)。ハリウッド女優のようなフサフサのまつ毛をイメージしてマスカラを塗り、ビューラーをかけるのは、日本女性のまつ毛には厳しい仕打ちです。

また、まつ毛はまぶたと裏側の粘膜の境に生えているため、この部分に毎日アイラインを引いたり、クレンジング剤でこすったり、つけまつ毛をつけたりしていると、ダメージが蓄積され、まつ毛が抜ける原因になります。まつ毛パーマやエクステも、技術の差はありますが、まつ毛には負担。自まつ毛が減っては、エクステをつけることもできません。

※2:Na JI, Kwon OS, Kim BJ, et al. Ethnic characteristics of eyelashes: a comparative analysis in Asian and Caucasianfemales. Br J Dermatol. 2006;155(6):1170-1176.

約6割の女性が、まつ毛で悩んでいる

201509_allergan_003.png医療用医薬品・医療機器メーカーである「アラガン・ジャパン」と医療用医薬品メーカー「塩野義製薬」の共同調査(※3)によると、まつ毛の悩みTOP4は、

1位 「少ない」 2位 「短い」 3位 「抜けやすい」「年齢とともに減ってきた」

との結果に。回答した約6割の女性はまつ毛に何らかの悩みがあり,そのうちの約6割が悩みを解決したいと思っています。

にも関わらず、実際に解決のために行動している人は、5.1%と少数派でした。悩みはあるけど、解決のために行動できていない――というのが実情のようです。

さらに「まつ毛への意識」の調査では、「まつ毛ケア・メイクはなるべく自然な仕上がりがいい」と答えた人が、全体の69.1%にのぼりました。

※3:調査対象:全国の20~60代女性 10,000人 ※人口構成比に合わせて各年代の調査人数を設定[全国 20代:1,620人 30代:2,169人 40代:2,016人 50代:1,975人 60代:2,220人]調査期間:2015年3月10日~13日 調査手法:Web調査 実施:アラガン・ジャパン/塩野義製薬

その悩み、クリニックで相談できるかも

そこで、チェックしたいのが「まつ毛の状態」です。

□自分のまつ毛が不足していると感じる

□自分のまつ毛が短いと感じる

□自分のまつ毛が細いと感じる

□自分のまつ毛が薄いと感じる

上記のどれかひとつでも心当たりがあるのなら、まつ毛ケアをはじめる良い機会。エクステやまつ毛パーマをお休みする、クレンジング方法を見直す、お湯で落とせるマスカラに変える――など、身近なところからトライしてみて。

それでも改善されないようなら、「まつ毛貧毛症」である可能性があります。「まつ毛貧毛症」とは、「まつ毛が不足していたり、不十分な状態」」のことをいいます。

あまり知られていませんが、「まつ毛貧毛症」は、クリニックで治療ができるかもしれないとのこと。改善策が見つからず悩むくらいなら、まずはクリニックに相談してみるのもひとつの手です。

まつ毛について相談できるクリニックは、「まつ毛クリニック.com」で検索できます。気になることがあるときは、間違ったケアでダメージを受ける前に、ぜひプロの意見を聞いてみてください。

その他にも、日常生活で気を付けることなどわからないことがあるときは、一度クリニックに相談してみるのが得策といえそうです。

まつ毛クリニック.com

(提供:アラガン・ジャパン/塩野義製薬)

top image , image via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。