1. Home
  2. ライフスタイル
  3. ガイコツモチーフを楽しむ。「死者」と祝うメキシコ流ハロウィン

ガイコツモチーフを楽しむ。「死者」と祝うメキシコ流ハロウィン

ガイコツモチーフを楽しむ。「死者」と祝うメキシコ流ハロウィン

私の住むアメリカでは、ハロウィンのお菓子やデコレーションが店頭を賑わしています。そして、それは日本でも同様かと思います。

10月31日がハロウィン。11月1日と11月2日にメキシコで行われるのが、「死者の日(Dia de los Muertos)」です。ハロウィンとは別行事なのですが、時期が同じために、メキシコ系住民の多いテキサスや南カリフォルニアではこの2つが入り混じって行われることがあります。

「死者の日」はメキシコのお盆

「死者の日」は、亡くなった祖先の魂がこの世に戻ってくるのを迎える行事。日本のお盆と似ています1日には子供の魂が、2日には大人の魂が戻ってくるといわれています。

死者を迎える準備として、祭壇(オフレンダ)を作ります。マリーゴールドの花を飾り、ガイコツの形をした砂糖菓子やお酒などをお供えします。このあたりもお盆とちょっと似ていますよね。

飾り立てた祖先のお墓で一晩中過ごすこともあるそうで、個人的にはこれはちょっと......と思いますが、死を恐れるのではなく、あくまでもユーモラスに楽しく祝うのが本場メキシコ流です。

ガイコツのモチーフがユーモラス

「死者の日」のモチーフはなんといってもガイコツ。でも、ハロウィンのオドロオドロしいものとは、一線を画しています。

そのモチーフが流行るきっかけとなったのは、メキシコのイラストレーター、ホセ・グアダルーペ・ポサダの「La Calavera Catrina(貴婦人ガイコツ)」です。

普通、ガイコツは死を連想させて暗いイメージですが、こちらのガイコツはユーモラス。そして、「死者の日」の仮装やフェイスペインティングが生まれました

ティム・バートンのアートや世界観と通じるところがあるので、こちらのガイコツの方が好きな人も多いかもしれませんね。

今年のハロウィンには、「死者の日」のガイコツモチーフをデコレーションや仮装に取り入れてみると、従来とは一味違った楽しみ方を味わえるかもしれません。

Instagram Blog, Mexican Sug

photo by Getty images

ぬえよしこ

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    ガイコツモチーフを楽しむ。「死者」と祝うメキシコ流ハロウィン

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。