1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 異素材ミックスで存在感を演出。「スエード」でつくる上品コーデ

異素材ミックスで存在感を演出。「スエード」でつくる上品コーデ

異素材ミックスで存在感を演出。「スエード」でつくる上品コーデ

きちっとした雰囲気はキープしつつ、トレンド感も取り入れたいのが大人のファッションです。シルエットではあまり冒険できないシーンも多い分、素材選びで個性を出すのが重要になってきます。そこで注目したいのが、スエード素材。存在感がありながら上品な雰囲気も出せるので、オフの日はもちろん、オフィスでも活躍してくれそうです。

オールシーズン活躍するワンピース

A photo posted by Wendy Williams (@wendyshow) on

ワンピースは、忙しい朝でも1枚で平均点以上の着こなしができるお助けアイテム。スエード素材を選べば、堅苦しすぎずに程よい上品さが生まれます。

素材感でリュクスな雰囲気を出しつつ、ミニ丈なら重くなりすぎずに着こなせます

A photo posted by @bellecachette on

袖丈もノースリーブや半袖を選んで軽さを重視。ジャケットやコーディアン(ロングカーディガン)と組み合わせることで、ほぼオールシーズン着回すことができます。オフィスでも活躍してくれそうなコーデです。

異素材ミックスのコーデを楽しむ

次は、スカートでのコーディネイト。重みのある素材なだけに、スエードはミニで取り入れるのが正解です。

トップスとの異素材ミックスなコーデは積極的に楽しみたいもの今の時期は使いやすいブラウスとも相性抜群です。

ストライプのブラウスは縦方向に視線がいくので着やせ効果も期待できそう。

@xoxoamcが投稿した写真 -

こちらはシックなスタイル。

ニットと合わせれば、柔らかさとスエードのハードさが調和し、甘辛な組み合わせになります。

A photo posted by Jackline (@smissjblog) on

じつは冬は大人の女性にこそミニにトライして欲しいシーズン。夏場、素足にミニを着こなす勇気がなくても、スカートと同色のタイツやブーツと組み合わせれば、すっきりとシックな女性らしいスタイルが完成します。

カジュアルデーにはジャケットを

A photo posted by rastani2 (@rastani2) on

オフィスではかっちりしたジャケットを羽織る人も多いと思います。カジュアルデーなど軽装が認められるときには、薄手のスエードのジャケットを取り入れてみるのも新鮮。

Tシャツやブラウスなどのトップスに合わせれば、リラックスしたムードに。来客の際には、スエードジャケットを羽織ればきちんと感も出ます。

黒を選ぶとモードな雰囲気でかっこいいです。

トレンドのスエード素材を選ぶポイントは、シンプルなシルエットであること。素材自体が持つスモーキーな風合いは、合わせるものを選ばない万能選手です。

  • facebook
  • twitter
  • hatena
神田朝子
NY系東京人のライター/ピアニスト。 立教大学法学部を卒業後、外資系メーカーに勤務。2009年に渡米し音楽修行の傍らライターデビュー。2018年春に帰国。 得意分野はファッションやトレンド。楽しいことを探して東京を漂流する様子はInstagramでほぼ毎日更新中。 英語で学ぶ音楽教室「epiphany piano studio」主宰。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。