1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 皮膚科医が教える、チクチクしないニットの選び方

皮膚科医が教える、チクチクしないニットの選び方

皮膚科医が教える、チクチクしないニットの選び方

いよいよニットの季節です。ニットを着ると多少なりとも悩まされるのがチクチク感。快適にニットを着こなすための、皮膚科医のホイットニー・ボウさんのアドバイスを紹介します。

インナー着用で汚れや静電気防止にも

まずは、肌がとても敏感な人へのアドバイスから。

症状:(ウール、カシミア含め)ほぼすべてのセーターをチクチク感じ、1日中気になる。痛みやかゆみも。自分でアレルギーがあると感じている人。

診察:ウールはチクチク感をよく起こします。しかしそれはアレルギーとは限りません。というのも、アレルギー反応は通常、服を着て1週間後に発症するからです。

もし、ウールを着用した日に反応が出た場合は、それは接触による皮膚炎で、赤みやかゆみ、ただれなどが起きます。

InStyle」より翻訳引用

せっかく新調したセーターでも痒くて仕方がないとくれば、がっかりしてしまいますよね。

どんな対策をすれば、買ったセーターを無駄にせずに済むのでしょうか。

処方箋:ウールを避け、コットンやシルクを重ねる。

コットンやシルクは肌にとても優しいので、セーターの下に重ねるのをおすすめします。劇的に肌を保護しますよ。

それでも敏感に反応してしまうなら、温かさで劣りますが化学繊維(ポリエステル、レーヨン、エラステン、ビスコース、ナイロンなど)のセーターを着てみては。

それでもダメな場合は、染料や洗剤の残りなどが原因かもしれません。

InStyle」より翻訳引用

柔らかい肌触りのセーターを、サラッと素肌にまとうのが好きという人もいるかもしれませんが、Tシャツなどを中に着るのは当然有効。型崩れや色落ちが気になるセーターですから、Tシャツを着ることで汚れも防止でき、洗濯回数を減らすこともできます。

ボディクリームを塗ってからシルクのアンダーシャツを着用すれば、肌はしっとり、静電気も防止して快適に過ごせそうです。

摩擦、汗は大敵。ゆったりしたシルエットを選ぶ

そして、肌の敏感レベルが普通程度の人。

症状:物によっては痒く感じるときも。

診察:カシミアは柔らかく、ウールよりかゆみを引き起こしにくいので、良い選択です。カシミアには多くの人にかゆみを起こすラノリンを含みません。

かゆみを起こす、もうひとつの要因は通気性の悪さです。タイトフィットなものは摩擦と汗を作りだし、肌を悪化させます。たとえ5分、汗をかいただけでも残り1日かゆみを感じたりします。

処方箋:カシミアなどよりやさしい素材で、ゆったりとしたシルエットのものを選びましょう

InStyle」より翻訳引用

誰しもがチクチクを体験したことがあるとすれば、一番多いのがこのタイプかもしれません。そんなひとにおすすめなのがリュクスな素材、カシミア。質感にこだわる大人の女性にとってはワードローブの定番ですよね。

カシミアでゆったり素材とくれば、今季のトレンド。快適さと暖かさを兼ね備えた、秋冬の頼もしい存在になりそうです。

秋冬の必需品、セーター。1日気持ち良く過ごすために、デザインだけでなく素材やシルエットにこだわって、安心な1枚を選びたいと思います。

InStyle

image via Shutterstock

神田朝子

  • facebook
  • twitter
  • hatena
    2019.04.13.Sat

    【終了】シチズン時計株式会社「NewTiMe, New Me」キャンペーン × MASHING UP
    〜明日からできる、世界をほんの少し変える選択〜

    common ginza (GINZA PLACE 3F)

    皮膚科医が教える、チクチクしないニットの選び方

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。