1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 「アートがわかる」ってどういうこと? 今よりもっと展覧会を楽しむヒント

「アートがわかる」ってどういうこと? 今よりもっと展覧会を楽しむヒント

「アートがわかる」ってどういうこと? 今よりもっと展覧会を楽しむヒント

アート鑑賞は好きだけど、自分は美術の知識がない。そう思う方は多いのではないでしょうか。よく「アートがわからない」と表現しますが、「アートがわかる」ってどういうことを表すんでしょう。

兄弟サイト「ライフハッカー[日本版]」から、美術展を楽しむためのヒントを紹介します。

アートがわからない人、は存在しない

「楽しむ」ために必ずしも知識は必要ではないでしょう。「見る眼」も、普通の人が普通に美術を楽しむ際には、それほど関係ありません。むしろポイントは、人それぞれの価値観に作品がピタッとくるかどうか。つまり作品に対する自分なりの価値観を見いだすことができれば、それでよいということ。

ライフハッカー[日本版]」より引用

一般的に、アートがわかるとは「美術に関する知識が豊富」なことを表す言葉。例えば、モネは印象派を代表する画家であり、絵の具を混ぜない技法で作品を描いた、そんなことを知っていると、「美術が『わかる』人」と言われます。もうひとつの「わかる」は、「見る眼があること」を表します。これは、作品の価値を見抜くことができるということです。

しかし、ふつうは研究や作品の売買のためではなく、「楽しむ」ために鑑賞するはず。絵や彫刻の作品を見て、おもしろい! すごい! と感じたり、ときにはもっと強いインスピレーションを感じたりすることもあります。

つまり、「美術がわかる」とは、自分なりの価値観で美術を見て楽しむこと。知識が無くても問題はなく、自分の価値観や基準で決めればいいのです。自分基準であれば、「美術がわからない」ということはあり得ません。

アートを料理に例えてみると

が、もしかすると、「自分がどんなアートが好きか自分の基準がよく分からないんだけど......」そう思う人もいるかもしれません。そんな人はアートを食べものや料理に例えてみてください。

好きか嫌いかは別として、私たちは食べものを食べると、なんらかの味を感じます。美術鑑賞も同じこと。なにかの作品を見たら、好きか嫌いか以前に必ずなんらかの印象を抱いているはず。そして、その印象が自分の価値観につながるのだといいます。「自分の価値観がわからない」という人は、自分が作品を見て感じた「味」と世間一般の評判が合致しないから、そう思い込んでいるだけのこと。

ライフハッカー[日本版]」より引用

評判のよいレストランに行っても、料理の味が好みに合うかは別問題。同じように、自分が感じた「味」を判断基準にします。「おいしい」と思えないものもあるし、自分の好みにぴったりと合うものもあります。アートも同じです。

見たまま、感じたままでいい

「見たまま、感じたまま」というときの、「見る」や「感じる」をしているのは自分自身。ということは、「見たまま、感じたまま」とは少なくとも自分の眼で見て、自分の感性で感じているということ。これは、とても重要なポイントだといいます。つまり、そこには「自分」があるということ。

ライフハッカー[日本版]」より引用

美術鑑賞には、難しい解釈や豊富な知識、高い洞察力がないと務まらないものだと思いがちです。本などで得た知識よりも、自分が刺激されて心のままに感じたこと、それこそが意義のある鑑賞の出発点になるのです。

アート観賞に正解

「正しい見方」をするということは、いつしか誰かが構築した「価値観」や「味覚」に合わせた見方をするということになります。でもそれでは、自分の「価値観」や「味覚」を放棄し、他人の見方を一方的に受け入れることになってしまう。それが、本当の意味での楽しい美術体験とはならないはずです。

ライフハッカー[日本版]より引用

ひとりひとり違う人生から作られた価値観は、まさに十人十色。アート鑑賞に正解を求めることはナンセンスです。何が正しくて、間違っている感じ方なのかは、誰にもわかりません。

また、美術の世界に「正しい」とされることがあっても、その正しさがこの先変わることがないとは言えません。今日の美術鑑賞はオープンエンド(正解がない状態)だと考えられていて、全く違った答えや個人にどんな意味があるかが重視されているそうです。

芸術の秋は終盤に近づいているけれど、これからのホリデイシーズンに向けてさまざまな展覧会があります。展覧会のキーワードが自分の興味や関心にひっかかったら、臆せずに評判のレストランを試しに行くような気持ちで、気軽に足を運んでみようと思います。

ライフハッカー[日本版]

Anton_Ivanov / Shutterstock.com

文/高山江梨

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。