1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 70歳になってもラブラブ夫婦。大女優、ヘレン・ミレンの魅力

70歳になってもラブラブ夫婦。大女優、ヘレン・ミレンの魅力

70歳になってもラブラブ夫婦。大女優、ヘレン・ミレンの魅力

主演作『黄金のアデーレ 名画の帰還』がいよいよ27日に公開されるヘレン・ミレン。先日の東京国際映画祭でも、70歳とは信じられない艶やかなたたずまいを見せてくれました。そんなヘレンの魅力を検証してみます。

レッドカーペットの女王とセクシーな靴

20151124_Helen_Mirren_2.jpg

『クィーン』でエリザベス女王を演じたヘレンですが、圧倒的な存在感でレッドカーペットでも女王の貫禄を見せつけています。カジュアルだってバッチリ。

ファッションの秘密兵器は、彼女が「ストリッパーの靴」と呼ぶセクシーなフットウェアなんだそう。足元にも要注目です。

グランドスラムまであとひとつ

20151124_Helen_Mirren_3a.jpg

アメリカのエンタメ界に「EGOT」というのがあります。これはTV界のエミー賞、音楽界のグラミー賞、映画界のオスカー、舞台界のトニー賞のこと。この4賞すべて、つまりエンタメ界の「グランドスラム」を達成した人は、これまでにわずか12人しかいないのです。

未受賞なのはグラミー賞だけというヘレンは、EGOTの達成まであと一歩。グラミーは音楽の賞だと思われていますが、「Best Spoken Word Album」という部門もあるんです。これは、オーディオブックや演説などの録音が対象なので、可能性が高そう。ヘレンがグラミー賞を受賞して、EGOT達成者のリストに加わる日が来るかもしれません。

キャリアではリスクテイカー

20151124_Helen_Mirren_4.jpg

映画のキャリアでは、リスキーな役や作品にも挑んできました。60〜70年代には『としごろ』『狂えるメサイア』などでヌードも披露、ポルノか芸術かと論争を巻き起こした『カリギュラ』にも出演しました。

80年代は、『ホワイトナイツ/白夜』『モスキート・コースト』などハリウッドの大作に出演。一方で、イギリスの鬼才ピーター・グリーナウェイの『コックと泥棒、その妻と愛人』では、ジャン=ポール・ゴルチエのきわどい衣装に身を包み、男たちを手玉に取りました。

『クィーン』では、生存中の人物、しかも自国の君主を演じるという重圧を跳ね返して、オスカー受賞、ピクサー作品『モンスターズ・ユニバーシティ』では声優も務めました。こんな型にはまらない多彩な仕事ぶりが、いつも新鮮です。

プライベートではかわいい奥さん

20151124_Helen_Mirren_pair_a.jpg

ヘレンの活躍を支えているのは、堅強な結婚生活でしょう。夫は、『愛と青春の旅立ち』のテイラー・ハックフォード監督。2人の出会いは、1985年、彼が監督した『ホワイツナイツ/白夜』。

「冷たい女性」というのがヘレンの第一印象だったそうですが、結婚しないと決めていた彼女の気持ちを変えさせた監督と1997年に結婚、いまだにラブラブです。

ヘレンが2011年にヌード封印宣言をした際は「ヌードは夫にだけ」と公言。女性として、妻として、そんなフェミニンなところもかわいいと思います。

実力と幅広いキャリアに裏付けされた自信、セクシーで女性らしい魅力たっぷりのヘレン。このかっこよすぎる70歳は、女性としてこんな風に年を重ねたいと思う、憧れの存在です。

Wonderwall, Daily Mail

photo by Getty imges

  • facebook
  • twitter
  • hatena
ぬえよしこ
通算21年のアメリカ生活=テキサス居住歴の東京テキサス人。立教大学英米文学科卒、北テキサス大学院映画専攻修了。映画・航空・教育業界で、ずっと日本語と英語を使っています。ほどほどに都会、ほどほどに田舎、なんでもでっかいダラスで、好きなことや興味のあることを書いています。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。