1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 自分はできる、と気づくだけで不可能はなくなる【今日の言葉】

自分はできる、と気づくだけで不可能はなくなる【今日の言葉】

自分はできる、と気づくだけで不可能はなくなる【今日の言葉】

「IMPOSSIBLE (不可能)なものはない。単語そのものにI'M POSSIBLE(私はできる)と書いてあるから」

オードリー・ヘップバーン

今でも多くの女性が憧れ、美しさに魅了されているオードリー。彼女の美しさは、上の言葉を言えるような内面の強さからきています。

オードリーといえば『ティファニーで朝食を』のような映画の中の可憐な姿を思い浮かべますが、実は想像を絶する人生を送りました。

第2次世界大戦中のオランダで、バレリーナだったオードリーはナチスに抵抗する人々の資金を稼ぐための公演を行いました。ナチスに気づかれないように、観客は拍手もできないような時代を生き抜いたのです。

戦争中は食べるものがあまりにもなく、チューリップの球根を食べ、パンに草を入れて焼くなどして飢えを凌ぎ、栄養失調と貧血にしばらく苦しみました。

戦後ロンドンに渡ったオードリーは、演劇の勉強をしながらモデルとして働き、ブロードウェイやハリウッドの映画での活動を精力的に行います。多くの映画に主演をしたことで知られていますが、実はオードリーはアカデミー賞、エミー賞、トニー賞、グラミー賞全てを受賞した数少ない人の1人です。女優を引退した後は貧困で苦しむ子供たちの力になれるように、ユニセフの慈善活動に全力を注ぎました。

「できない」なんて思う前に、思い出したい言葉、"I'm Possible"。自分が持っている「可能性」に気づくかどうかは自分次第。オードリーの人生はそう教えてくれています。

英語ワンポイント

Possible:「可能」を意味する言葉なので通常は it や that と一緒に使います。「Impossible」をよく見ると 「I'm possible」に書き換えられると気づいたオードリーは敢えて「私」と一緒に使っています。「私は可能」=「私はできる」

military hub

illustration via Shutterstock

山縣美礼

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    自分はできる、と気づくだけで不可能はなくなる【今日の言葉】

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。