1. Home
  2. ライフスタイル
  3. ローマに1960年代のパリが復活。シャネルの新コレクションとフィルム

ローマに1960年代のパリが復活。シャネルの新コレクションとフィルム

ローマに1960年代のパリが復活。シャネルの新コレクションとフィルム

今年は、ローマで行われたシャネルの「Metiers d'Art 2015/16」コレクション。12月1日、映画スタジオのチネチッタに1960年代のパリの街角が再現され、ショーの舞台となりました。

二人のココ・シャネルが登場する『Once and Forever』

このコレクションのためにカール・ラガーフェルドが監督したショートフィルム、『Once and Forever』もプレミア上映されました。

去年の『Reincarnation』同様、ココ・シャネルが登場します。彼女が誰よりも愛したという、謎の恋人との関係を描いた映画が撮影されています。

若い頃のココ・シャネルを演じるクリステン・スチュワート。撮影に気乗りしない主演女優アイリスです。昨年と同じく、年配のココに扮するのはジェラルディン・チャップリン。演技や振る舞いでもベテランを貫く大先輩の女優役です。

コレクションのテーマは1960年代のパリ

コレクションで目立ったのは、パテントレザーのスカートやコート。大きなフープイヤリングに、トップにボリュームを出した「ビーハイブ」ヘアスタイルもレトロ感たっぷり。繊細なレースもふんだんに使われていて、セクシー&フェミニンも押さえられています。

Soo Jooさん(@soojmooj)が投稿した写真 -

アジア系のトップモデル、スー・ジョーさんの姿も見えました。

ショーはこちらで堪能

ファッションと共に、建設に6週間かかったという雰囲気たっぷりのセットにも注目です。カフェやガゼボ、メトロの入り口や『Once and Forever』を上映している劇場も登場します。

20151208_chanel.jpg
ショーの最後に登場したカール・ラガーフェルド

1960年代を彷彿とさせるスタイルと、昔のヨーロッパ映画のアンビアンス。今回も好きなものが組み合わされたシャネルのスタイリッシュなショーを堪能しました。

YouTube, The Telegraph

photo by Getty images

  • facebook
  • twitter
  • hatena
ぬえよしこ
通算21年のアメリカ生活=テキサス居住歴の東京テキサス人。立教大学英米文学科卒、北テキサス大学院映画専攻修了。映画・航空・教育業界で、ずっと日本語と英語を使っています。ほどほどに都会、ほどほどに田舎、なんでもでっかいダラスで、好きなことや興味のあることを書いています。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。