1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 「ピエール・エルメ・パリ」初、イラストつき「ボンボンショコラ」

「ピエール・エルメ・パリ」初、イラストつき「ボンボンショコラ」

「ピエール・エルメ・パリ」初、イラストつき「ボンボンショコラ」

見た目も美しく美味なスイーツで知られる「ピエール・エルメ・パリ」。来年の新作チョコレートが公開されました。

史上初、イラストつきの「ボンボン ショコラ」

1月8日から順次発売になるバレンタイン商品は、可愛らしく、食べてしまうのがもったいない商品ばかり。

定番の「ボンボン ショコラ」に、カラメリゼしたガナッシュの「アンフィ二マン ショコラ オレ」とグレープフルーツ風味の「アンフィ二マン パンプルムース」が新しく加わります。

注目なのが、イラストが施されているもの。バニラ風味のガナッシュショコラノワールの「アンフィ二マン ヴァニーユ」やブラジルショコラのガナッシュ「パイネイラス」などに描かれています。

「ボンボン ショコラ」にイラストがつくのは、「ピエール・エルメ・パリ」史上、今回が初めてだそうです。

イラストを手がけたフランス人アーティスト

20151209_pierre_1.jpg

このイラストを手がけたのが、パリ出身で東京を中心に活動するフランス人作家のニコラ・ビュフさん。ヨーロッパの伝統的な美意識と、日本やアメリカのサブカルチャーが融合した、不思議で親しみやすい作品を数多く生みだしています。

これまで東京都現代美術館や原美術館などで展示を行い、パリのシャトレ座ではオペラのアートディレクションを手がけるなど多岐に渡って活躍中の彼。

今回は「ボンボン ショコラ」だけではなくギフトボックスのイラストも担当したといいます。

1年かけてストーリーが次第に明らかになる仕掛け

ニコラさんは、「ピエール・エルメ・パリ」のために「太陽の王国」のエリオスと「月の王国」のロクサーヌというふたりの愛をたどる詩的ストーリーを作成。このデッサンシリーズをもとにしたパッケージが生まれました。

バレンタインだけではなく、ひな祭りなど季節のイベントごとに新しいパッケージに切り替わり、エリオスとロクサーヌのストーリーが1年かけて次第に明らかになっていくという仕掛け。

全世界の店舗でコラボを展開

全世界の「ピエール・エルメ・パリ」で、このコラボレーションが展開されます。

1月上旬まで「ピエール・エルメ・パリ 青山」の2階にある「Bar Chocolat」では、壁いっぱいにニコラ・ビュフさんのイラストが施されていて、訪れた人をエリオスとロクサーヌの世界に誘います。

味覚も視覚も楽しませてくれる新しい試み。バレンタインが待ち遠しいです。

ピエール・エルメ・パリ 青山] 住所:東京都渋谷区神宮前5ー51ー8 ラ・ポルト青山1、2FTEL:03-5485-7766営業時間:1F Boutique11:00~20:00、2F Bar chocolat 12:00~20:00 (L.O.19:30)

松崎桃子

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    「ピエール・エルメ・パリ」初、イラストつき「ボンボンショコラ」

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。