1. Home
  2. ライフスタイル
  3. トップモデル、ジゼルのパーフェクトな身体をつくる食生活の秘密

トップモデル、ジゼルのパーフェクトな身体をつくる食生活の秘密

トップモデル、ジゼルのパーフェクトな身体をつくる食生活の秘密

スーパーモデルの中でもっとも高収入と言われ、2児の母となってもますます輝いているジゼル・ブンチェン。夫は、アメリカンフットボールリーグのトッププレイヤーであるトム・ブレイディ。まさに絵に描いたようなサクセスフルかつ美男美女のカップルです。

そのふたりのパーソナルシェフ、アレン・キャンベル氏が海外サイト「boston.com」ジゼル夫妻の食生活について話していました。

極限までストイックな食生活

まず驚くのは、彼らが食べているものというより、「食べていないもの」そしてその種類の多さです。キャンベル氏は使わない食材について、こう語っています。

白砂糖、精白した小麦粉、化学調味料は使いません。オリーブオイルは生では使うけれど、調理には使いません。調理用にはココナッツオイルしか使わないのです。キャノーラ油などはトランス脂肪酸になるからです。塩ではヒマラヤのピンクソルトを使います。ヨウ素添加塩(注:アメリカでは一般的)は絶対に使いません。

トムはナス科の野菜も食べません。抗炎症性でないからです。だからトマト、ピーマン、マッシュルーム、ナスは使いません。トマトはたまにほんのちょっと使いますが、1か月に1回くらいでしょうか。私はトマトには非常に気をつけているんです。炎症を起こすので。

他に摂取しないものは、コーヒー、カフェイン、キノコ類、乳製品です。

boston.com」より翻訳引用

つまり一般的な甘いものはもちろん、たいていの加工食品、パンやチーズ、アイスクリームなどはNGということ。ナス科の野菜が炎症を起こすというのは意外ですが、少し検索したらそんな説がたしかにあるようです。

ただ、キノコについてはキャンベル氏からも理由がはっきり語られないままでした。

食べ物の8割はオーガニック野菜

では、何を食べているかというと「80%は野菜」、それももちろんオーガニックのものだけだとキャンベル氏は言っています。残りは玄米やキノア、キビなどの全粒穀物、脂肪分の少ない肉(牧草飼育牛やカモ、チキン)、天然の鮭、などだそう。

具体的にどんな料理になるかというと、こんなものだそうです。

最近はキノアと炒めた葉野菜の料理を作ったところです。ケールやスイスチャード、ビーツの葉などを使います。ココナッツオイルで炒めたにんにくを入れます。

それから炒ったアーモンド、またはライムカレーとレモングラス、しょうが少々を使ったカシューナッツのソース。それが彼らのコンフォートフード(好きな食べ物)なんです。

boston.com」より翻訳引用

筆者のコンフォートフードといえば、白砂糖とクリームたっぷりのケーキとかアイスクリーム。ナス科であるじゃがいもをトランス脂肪酸たっぷりの油で揚げて、化学調味料を大量にまぶしたジャンクなポテトチップスも大好きです。

トップを走り続ける夫婦にとっては、食事管理も仕事のうちってことでしょうね。とはいえ、厳しい!

boston.com, The Cut

photo by Getty Images

  • facebook
  • twitter
  • hatena
福田ミホ
ライター、翻訳者。アパレル企業、IT企業を経て、フリーランスに。ギズモードで翻訳、ItMamaでライターを担当し、読者の方が前向きになれる情報発信を心がけています。ブログでは、ファッションや語学、ライフスタイルについての情報を共有しています。ニューヨーク郊外在住。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。