1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 憧れのコートを買うなら今。この冬、ハイブランドのセールがより大胆になっているワケ

憧れのコートを買うなら今。この冬、ハイブランドのセールがより大胆になっているワケ

憧れのコートを買うなら今。この冬、ハイブランドのセールがより大胆になっているワケ

先週末は日本でも米国でも大雪が話題になりました。日本では今年に入ってから温度差が激しいですが、それでも今冬は世界的に暖冬傾向にあります。普段ならホワイトクリスマスを楽しめるニューヨークでさえ、今回の雪が初めてのまとまった雪だったくらいなんです。

70%、75%OFFは当たり前?

その影響はニューヨークのファッション市場にも表れていて、Philly.comなどが冬物衣料のセールでの価格の下がりぶりを指摘しています「バーニーズ・ニューヨーク」や「バーグドーフ・グッドマン」などハイエンドな百貨店を含め、あらゆるショップで70%OFF、75%OFFといった大幅なセールを展開しているんです。ニューヨークのコンサルティング会社Envirosellのディレクター、Gustavo Gomez氏がLuxury Dailyで「70%OFFはやり過ぎだ」と苦言を呈するほどです。

でも通常50%以上ものセール品といえば、極端に流行を狙いすぎたデザインだったり、着回しがきかなかったり、セール用にどこかから持ってきたような安っぽい商品だったりするものです。

憧れのコートを買うなら今

でもこれはあくまで私の主観ですが、今年のセールは特に掘り出し物率が高い気がします。私事で恐縮ですが、サックス・フィフスアベニューで3000ドル(約36万円)以上だったバレンシアガのコートが1000ドル(約12万円)ちょっとになっているのを発見し、迷わず購入してしまいました。

ただ日本でもそうだと思いますが、1月後半の現在は店頭でのセールをもう最小限にして、春物に切り替えている店舗が多いようです。

でもネット上ではまだまだセールが進行中。この記事執筆時点で、たとえばネッタポルテでは「イザベル・マラン」のダブルブレストコートが60%OFFで544ドル(税別、約6万5000円)、バーニーズ・ニューヨークでは「クロエ」のケープコートが50%OFFで1599ドル(同約19万円)、といった感じです。

「Vince」のシャーリングコートも60%OFFで1118ドル(同約13万円)ですが、いまだにほとんどのサイズが在庫にあるのが不思議なほどの可愛さです。店頭のセールが終わってがっかりしている人は、ぜひオンラインをチェックしてみてください。

ちなみにこのディスカウントの流れは衣料品だけでなくバッグなど小物にも表れているようです。Quartzによれば、この冬は世界的にバッグの価格が下がっているとのこと。お買い物をするなら、今かもしれません。

Philly.com, Luxury Daily, Quartz

image via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena
福田ミホ
ライター、翻訳者。アパレル企業、IT企業を経て、フリーランスに。ギズモードで翻訳、ItMamaでライターを担当し、読者の方が前向きになれる情報発信を心がけています。ブログでは、ファッションや語学、ライフスタイルについての情報を共有しています。ニューヨーク郊外在住。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。