1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 運命の出会いは職場の外に!? セレブに学ぶ「愛」のはじめ方

運命の出会いは職場の外に!? セレブに学ぶ「愛」のはじめ方

運命の出会いは職場の外に!? セレブに学ぶ「愛」のはじめ方

恋人やパートナーはほしいけれど、「出会いがない」「いい人がいない」という声をよく聞きます。

確かに、ひとりの人間の行動範囲は限られているもの。映画や小説じゃあるまいし、運命的な出会いなんて、なかなかその辺に転がっていないだろうと考えてしまいがちです。

ところが、そんな思い込みをくつがえす、意外な出会い方をしたセレブたちがいます。

マット・デイモン夫妻「しぶしぶ向かったバーで」

20160214_celeb_1.jpg

マット・デイモンが妻のルシアナ・バロッソさんに出会ったのは、2003年に映画の撮影に訪れていたマイアミ。

当時、ルシアナさんはマイアミ・ビーチのバーでバーテンダーとして働いていましたが、そこにマットが撮影スタッフとともにビールを飲みにやってきたのです。彼女を見た瞬間、マットは恋に落ちました。

おかしなことに、もともと彼はバーには行きたくなかったのですが、スタッフが無理やりマットをひっぱっていったのでした。

Looper」より翻訳引用

仕事先にあのマット・デイモンがやってきて、自分にひとめぼれするなんて、誰が想像するでしょうか。ですが、彼のほうもいやいや出かけたバーで運命の人に出会うなんて、思いも寄らなかったはず。

そのままハリウッドのロマンティックコメディの映画になりそうな出会い方ですが、あまり気が進まない同僚や上司との付き合いも、とりあえずは足を運んだほうがいいのかも、と思わされるエピソードです。

リース・ウィザースプーン夫妻「知人のパーティで」

20160214_celeb_2.jpg

リースの現在の夫は、タレント事務所のエージェント、ジム・トス。ハリウッドの職場結婚かと思いきや、出会いは共通の知人の家で開かれていた私的なパーティでした。

酔っ払った男性がリースにしつこく言い寄っていたところを、男性の友人だったジムが割って入り、彼女を救ったのです。

Looper」より翻訳引用

困ったところを助けてくれた男性なら、5割増しぐらいにかっこよく見えるもの。頼りになる男性は、古今東西ポイント高しです。

離婚を経験し、再婚には二の足を踏んでいたというリース。彼女が彼にひとめぼれしたのかもしれません。

彼にしてみれば、酔っ払ってくれた友人に感謝というところでしょう。

キャリー・マリガン夫妻「子どもの頃の文通相手」

20160214_celeb_3.jpg

2012年にイギリスのバンド、マムフォード・アンド・サンズのマーカス・マムフォードと結婚したキャリー。

グゥイネスとクリス・マーティン、二コール・キッドマンとキース・アーバンなど、女優とミュージシャンの組み合わせは、さほどめずらしいものではありませんが、この2人の出会い方は独特です。

2人は、子ども時代に通っていたそれぞれの教会を通じた文通相手でした。

文通の大半がそうであるように、その後しばらく音信不通になりましたが、2人がある程度、有名になった後にデートするようになり、結婚にいたりました。

Looper」より翻訳引用

なんてかわいらしいエピソードでしょう。大抵の人は、子ども時代に大事にしていた友だちや思い出も忘れてしまいがちなのに、2人はお互いの存在とやりとりをしっかりと胸に留めていたうえ、大人になってから恋愛に発展させたのです。

文通していた2人ともが有名になったのも稀有ですし、これぞ運命の2人と言えるでしょう。出会いを求めるなら、自分の過去にかかわってきた人たちをたどってみるのも、手かもしれません。

シンシア・ニクソンとその妻「政治活動集会で」

20160214_celeb_5.jpg

『SATC』のミランダ役で有名なシンシアは、LGBTなど社会的な問題に関して率直な意見を発表することでも知られています。

カップルの出会い方としては最もロマンティックとは言い難いかもしれませんが、シンシア・ニクソンと妻のクリスティナ・マリノニは政治集会で知り合いました。

Divine Caroline」より翻訳引用

男性のパートナーとの間に2人の子どもをもうけたシンシアですが、2004年に社会活動家のクリスティナに出会い、8年間にわたって交際した後、同性婚。クリスティンも出産し、現在は3人の子どもを一緒に育てています。

たとえ出会いを期待したわけじゃなくても、仕事の外で、自分が情熱を傾けていること、信念を持って取り組んでいることがあるなら、それがシンシアのように固い絆で結ばれる相手と会う場所になる可能性もありそうです。

出会いはどこにあるかわからない

ハリウッドではブラピとアンジーのように、共演がきっかけとなった華やかな「職場結婚」のカップルが目につきますが、じつはセレブたちも仕事の外でユニークな出会い方をしているのですね。

出会いがない、という人は、雑多な日常の中にまぎれて運命の人を見逃していることもあり得ます。何気なく出かけていった先で、ひょっこり誰かが現れるかもしれません。

Looper, Divine Caroline

photo by Getty Images

  • facebook
  • twitter
  • hatena
田上晶子
ライター、コピーライター、翻訳業。東京でコピーライターとしてコスメ・ファッション・食品等の広告制作やネーミング、ブランディングに携わった後、渡米。現在、シアトル在住。海あり、山あり、湖あり、程よく都会でリベラルな北西部で楽しく暮らす。ビンテージドレス、アメリカ文学、音楽、お茶、健康、ヨガ、ランニングと睡眠と冒険が好物。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。