1. Home
  2. ライフスタイル
  3. パールなのにエッジー。マドンナ愛用のジュエリーブランドが限定イベントに登場

パールなのにエッジー。マドンナ愛用のジュエリーブランドが限定イベントに登場

パールなのにエッジー。マドンナ愛用のジュエリーブランドが限定イベントに登場

パールといえばクラシックで可憐なイメージが強かったものですが、ここ数年はよりモダンで抜け感のあるデザインが気になります。そんな新しいパールの形を見られるブランドが、デンマーク発の「SOPHIE BILLE BRAHE(ソフィー ビル ブラーエ)」。

今まで日本での取り扱いは限られていましたが、3月9日から伊勢丹新宿店のポップアップイベント「Mode Jewelryに登場します。

モダンかつエッジーなデザインで注目のブランド

「ソフィー ビル ブラーエ」は2011年にスタートしたブランドですが、その前からデザイナーやセレブリティ向けに1点もののジュエリーを制作していました。世界中に熱狂的なファンがいて、マドンナやエマ・ワトソンも愛用しています。

片耳タイプのピアスやイヤカフをシグネチャーとするそのデザインは、「アバンギャルド」「エッジー」といった言葉で評価されています。

でも、それは決して奇をてらったものではなく、むしろ余分なものを削ぎ落とした結果のように見えます。

耳たぶに沿うようにパールやダイヤモンドを並べたイヤカフ、ゴールドで描く弧の両端にパールとボール型ゴールドを配したピアスなど、シンプルでどんなスタイルにも合わせやすいもの。

そして、そのクオリティは、伝統的な金細工の技術による手作業で裏打ちされています。

日本のデザイナーとのコラボ

「クラシックなものをモダンに解釈する」という点で「ソフィー ビル ブラーエ」と価値観を共有しているのが、デザイナーの阿部千登勢によるブランド「sacai」です。

2015年秋に行われた「sacai」の2016年春夏コレクションでは、ふたつのブランドのコラボレーションによるカプセルコレクション「sacaisophiebillebrahe(サカイソフィービルブラーエ)が発表されました。

ゴールドのフリンジとパールを連ねたイヤカフ、ティアドロップのパールイヤリングなど、独特でありながら軽やかでさりげないデザインです。

イベント限定の商品も登場

20160308_sophiebillebrahe_2.jpg
「ソフィー ビル ブラーエ」のアイテム
20160308_sophiebillebrahe_3.jpg
「サカイソフィービルブラーエ」のアイテム

伊勢丹新宿店で行われるポップアップイベントでは、ソフィー ビル ブラーエとともにこのサカイソフィービルブラーエの商品も登場します。さらにこのイベント限定で、バロックパールを使ったこのピアスも手にできます。

20160308_sophiebillebrahe_4.jpg

重いコートやマフラーが要らなくなってきて、顔まわりのアクセサリーが映える季節。日常をさりげなくアップデートしてくれる何かを探している人におすすめです。

伊勢丹新宿店 期間限定ショップ"Mode Jewelry"]日程:3月9日(水)~22日(火)場所:伊勢丹新宿店本館3階 ウェストパーク/プロモーション営業時間:10:30~20:00問い合わせ先:ステディ スタディ(TEL:03-5469-7110)

  • facebook
  • twitter
  • hatena
福田ミホ
ライター、翻訳者。アパレル企業、IT企業を経て、フリーランスに。ギズモードで翻訳、ItMamaでライターを担当し、読者の方が前向きになれる情報発信を心がけています。ブログでは、ファッションや語学、ライフスタイルについての情報を共有しています。ニューヨーク郊外在住。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。