1. Home
  2. ライフスタイル
  3. #6 アラフォーのパートナー探しはいばらの道【NYで生きていく】

#6 アラフォーのパートナー探しはいばらの道【NYで生きていく】

#6 アラフォーのパートナー探しはいばらの道【NYで生きていく】

たったの2人。

過去数年の間に、ニューヨークの私の周囲で結婚した35歳以上の女性の数です。

そのうち1人は38歳のアメリカ人の女性で、学生時代の友人とできちゃった婚。もう1人は、39歳の日本人女性で、4年間にわたるオンラインデートを経て、たどり着いた結婚でした。

アラフォー女性の婚活エピソード

周囲を見る限り、30代以上の女性が結婚する相手には、いくつかの共通点があります。

15~20歳年上

NYでは、30代以上の女性が年の離れた男性と結婚するケースが非常に多いのです。独自の考察では、 20〜30代前半までの女性は、同世代か10歳以内の年齢差におさまることが多いのですが、30代半ば以降になると男性との年齢差は広がります。アメリカ人で弁護士をしていた友人も35歳の時、55歳だった現在の投資家のご主人と結婚して、仕事を辞めました。男性は2度目、3度目の結婚であることも多く、元妻との間に子供がいる場合も少なくありません。50代といっても、NY男性は成功している人ほど外見に気を使って体を鍛えているので、歳が離れていてもさほど抵抗がないのでしょう。

外見で大きく妥協

先述のできちゃった婚した友人は身長が約170cmあるのですが、ご主人は160cmほどで後頭部も地肌が目立ちます。アメリカでは、日本以上に「背が低い男性が苦手」という女性が多いので、逆に身長にこだわらなければ、選択肢が広がります。

例外はオンラインデート

異色なのは、出会いサイト「match.com」で婚活していた日本人女性。第2の仕事ばりに4年間、毎週2~3人とデートをしていました。デーティングコーチまでつけて、指導を仰いでいた彼女がついにみつけたお相手は、10歳近く年下で、背も高く、ファイナンスに従事するエリート。唯一「清潔でない」という欠点があるのですが、何百人という数の男性と会った彼女は、妥協すべき点をはっきりさせていたことが、ゴールに繋がったのだと思います。

大多数の女性たちは...

NYのシングル女性の多くは、お相手の年齢も外見も妥協したくないし、オンラインデートに必死になるなんてルーザーがすること......なんて思っています。

だからこそ、実際に結婚する女性が少ないわけなのですが、彼女たちを見ていると、その気持ちもわかる気がします。

理想の王子探しを楽しめばいい

NYで生きていく パートナー探しこれまで必死にキャリアを築き、ひとりでアパートを購入し、401kへの積み立ても怠らず、ディナーや旅行を共にする友人にも事欠かない......。そんな彼女たちからしたら、いまさら無理やり結婚するよりも、明日出会うかもしれない王子様を探すほうが楽しいのでしょう。先日42 歳になったアメリカ人の友人も、「新しい出会いのためにDJスクールに通いはじめたの!」と楽しそうにしています。

実際そんなお相手に巡り会えるかは神のみぞ知るとしても、年齢に関わらず、そんなふうに生きられるのは、独立した女の特権と言えるでしょう。

image via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena
白石 里美
ニューヨーク在住11年。クリーンな心と体を作るライフスタイルを提案するウェルネスブランド「ANCIENTICS」をNYで立ち上げ、マンハッタンとブルックリンのカフェやストアでスーパーフードや日本の発酵食品をアレンジした商品を販売。日本企業向けのプロデュースやコンサルティングも行っている。 世界最大の栄養学校Institute for Integrative nutritionでホリスティックヘルスを学び、最新のヘルス・ウェルネス・ビューティー・ライフスタイル情報に精通。ウェブや雑誌でもコラムを執筆中。 Blog / Facebook / Instagram

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。