1. Home
  2. ライフスタイル
  3. #4 ガイドブックにない刺激。記憶に残る料理店【大人目線のバンコク案内】

#4 ガイドブックにない刺激。記憶に残る料理店【大人目線のバンコク案内】

#4 ガイドブックにない刺激。記憶に残る料理店【大人目線のバンコク案内】

大人目線で見て、触れて、じっくり感じる最旬タイを、現地在住ライターがご案内。

タイ旅のメインイベントといえば、タイ料理! ですが、タイを何度も訪れているリピーターなら、ガイドブック掲載店はおおかた訪問済みかもしれません。そこで連載4回目は、記憶に残る個性的なタイ料理店をピックアップ。「日本と違う食体験を楽しみたい」という欲求をばっちり満たしてくれる3軒です。

旅情をかきたてる駅ナカ絶品タイ料理

タイのサムセン駅 タイ料理地元グルメサイトでも高評価なのが、国鉄サムセン駅にある「スーイ」。「えっ、駅?」と耳を疑うのも無理ないこと。なんと、お店があるのはプラットフォームの隣。客席のすぐそばを、地方に向かう電車がガタンゴトン通りすぎていきます。そんな旅情に浸りつつ新鮮なシーフードを食べられる店なんて、バンコク広しと言えどそうありません。

タイのサムセン駅 タイ料理名物は、タイ風エビの刺身「クンチェーナンプラー」。通常は生エビをナンプラーでマリネするものを、ここではわさび味に仕上げます。和風っぽいけど、容赦ない辛さ。また、魚の頭部分だけを素揚げにした「ケムプラートゥトート」は、ビジュアルは強烈でも至極美味。メニューも注文もタイ語ですが、外国人には写真で説明してくれます。1〜2時間待ちが普通なので、ピークタイムを外すといいですよ。

好奇心くすぐる超ロックなイサーン酒場

タイのクンカイバーン「ソムタム(青パパイヤサラダ)」に「ガイヤーン(タイ風焼き鳥)」などのイサーン(東北タイ)料理を、できれば高級レストランじゃなくて現地っぽい雰囲気で食べたい......という時にチャレンジしたいのが、「クンカイバーン」。日本人が多く住む街プロンポンにあるものの、見た目は小さなほったて小屋で、英語の看板もなし。ちょっと躊躇しそうな佇まいですが、大衆酒場が好きな人なら抵抗なく入れるかも。

タイのクンカイバーンタイの渋いロックが流れる店内には、年季の入ったポスターや、バッファローの骨などが所狭しと飾られ、まさにカオスな空間。昔のタイにタイムスリップしたかと錯覚しそうにもなります。ローカル客中心で一見ハードルが高そうにみえるものの、メニューは写真と英語つきで、スタッフも実にフレンドリー。地元の若者に混じりつつ、熱帯の空気にまどろむのも、タイらしい夜の過ごし方かと。

ホッと心が落ち着く北タイ家庭料理の店

タイのマンムアン スワンナプームスワンナプーム国際空港の近くにある「マンムアン」は、北タイの家庭料理を出すお店。ミャンマーの影響も色濃い北タイ料理は、野菜中心のこってり系。小さなお皿に少しずつよそって、みんなで仲良く食します。湖のほとりの古民家を使ったこちらのお店は、まるでお母さんの台所。古いホーローの食器が並んだキュートな店内には、ゆるやかな空気が流れています。

タイのマンムアン スワンナプームメニューはタイ語のみなので、カウンターにずらり並んだお惣菜を指差して選ぶとよいです。「サイウア(チェンマイのソーセージ)」、「ゲーンハンレー(北タイの豚カレー)」など、手作りの優しい味が勢ぞろい。北タイでは料理と一緒にハーブも食べるのですが、こちらのお店では、好みのハーブを好きなだけ選べます。料理と組み合わせることで、ハーブの苦味が消えて味が深まるのは、なんとも不思議です。

あわせて読みたい

#3 タイのクリエイターが集う週末マーケットをそぞろ歩き【大人目線のバンコク案内】

#2 五感を刺激する、花づくしのワンデートリップ【大人目線のバンコク案内】

#1 極上のリバーサイドホテルで、タイに浸る【大人目線のバンコク案内】

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    #4 ガイドブックにない刺激。記憶に残る料理店【大人目線のバンコク案内】

    FBからも最新情報をお届けします。

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。