1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 階段を2階分上るだけで、脳の若さを保てると判明

階段を2階分上るだけで、脳の若さを保てると判明

階段を2階分上るだけで、脳の若さを保てると判明

最近「Neurobiology of Aging」に掲載されたカナダ・モントリオール、コンコルディア大学の研究によれば、脳の若さを保つのには勉学を長く続けることのほかに、階段を上ることも有効と分かりました。

研究対象となったのは、19歳から79歳までの331人。MRIを使って測定したのは、通常、加齢により退化する大脳皮質のボリュームです。

それによれば、学歴が1年多いと、脳もほぼ1年(0.95年)分、毎日階段を2階分上がっていると、0.58歳分、脳が若く保てるという結果がでました。

学ぶという行為が脳を刺激して若さを保つというのは、ある意味、想像できることですが、階段を上ることが脳の若さを保つというのは、意外な話に思えます。

日常的に軽い運動を

でもじつは、『Le Parisien』誌が指摘するように、2015年には、別な研究が、鉄アレイを週に2回持ち上げる運動をするだけで、女性の認知能力がアップするという結果を出していますし、キングス・カレッジ・ロンドンが10年がかりで行った研究も、歩行とランニングが脳を老化から守るという結論を出しています。

それらを考え合わせると、つまりは、継続が難しいほどの厳しい運動をしなくても、日常的に階段を利用したり、歩く距離を増やしたり、ちょっと意識して重いものを持ちあげるだけで、脳の若さが保てるということ。

健康やダイエットへの近道にもなるこれらの小さな習慣。すぐにでも実行に移したいと思います。

Le Parisien

image via Shutterstock

  • facebook
  • twitter
  • hatena
冠ゆき
山田流箏曲名取。1994年より渡仏。大学院での研究の傍ら、国立大学や専門学校で日本語日本文化講師を勤める。2000年より、ポーランド五年、イタリア三年半、中国四年半の生活を経た後、2013年夏フランスに戻る。旅好きでもあり、今までに訪れた国は約40カ国。六ヶ国語を解する。多様な文化に身をおいてきた経験を生かして、柔軟かつ相対的視点から、フランスのあれこれを切り取り日本に紹介中。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。