1. Home
  2. キャリア
  3. 「しわと白髪は知性の証」60歳の水着モデルの信念

「しわと白髪は知性の証」60歳の水着モデルの信念

「しわと白髪は知性の証」60歳の水着モデルの信念

広告や雑誌で見かけるモデルといえば、一般人とはかけ離れた、まるでお人形のように細くて長い手足を持つ若い女性たちでした。

ところが最近のファッション界が提示する美しさは、プラス・サイズや年齢を重ねたモデルの起用など、かつてないほどに多様化しつつあります。

そんななか、60歳の水着モデルがファッション広告に登場しました。

しわも白髪もリアルに表現

A photo posted by The Dreslyn (@thedreslyn) on

アメリカの2社コラボレーションによる水着ブランド「THE DRESLYN」が今シーズンのモデルに起用したのが、60歳のヤツェミーナ・ロッシーさんです。

A photo posted by The Dreslyn (@thedreslyn) on

A photo posted by The Dreslyn (@thedreslyn) on

ミニマリズムに徹した白いワンピースの水着をまとった彼女の髪は、ロングの白髪。スレンダーな身体には無駄な贅肉はありませんが、年齢を感じさせるしわも見られます。

若づくりを拒んで仕事を失った日々

モデルとしてのキャリアは32年になるロッシーさん。これまでに若づくりをしなかったせいで、仕事を失ったこともあると言います。

私は髪を染めなかったし、ボトックス注射もしなかったから、国際的なキャンペーンの仕事を失ったこともありました。

TODAY」より翻訳引用

年齢を重ねれば、白髪やしわは自然に増えていくもの。それでも多くの人が若々しくあろうと、隠したりカバーしようとするものです。

そんななか、モデルという職業ながら、世間が求める固定化した美のイメージに合わせることに抵抗してきた彼女を起用したブランドのCEOは、

現代的で、エイジレスな自信と知性、気品を感じさせる

TODAY」より翻訳引用

と高く評価しています。

確かに、落ち着いたトーンの写真の中で静かにたたずむロッシーさんは、凛として厳かさを感じさせるほど。ビジュアルがシンプルだからこそ、彼女の内面がにじみ出るようです。

誰かの真似をしないで、自分自身でいること

A photo posted by The Dreslyn (@thedreslyn) on

「もう○○歳だから」「こんな格好はすべきじゃない」など、女性たちには、年齢や容姿、ふるまいについてたくさんのプレッシャーがあります。

多かれ少なかれ、いつのまにか求められる像に自分を合わせ、周囲に足並みを揃えているのが多くの女性の現状ではないでしょうか。

そんな女性たちに送るロッシーさんからのメッセージは、誰かのコピーをしないこと

私は自分自身でありたかったのです。自分が自分でいられて、誰かの真似をしようとしなければ、人は力を身に着けます。そして、人生の中で時間を重ねれば重ねるほどに、その力を感じられるようになるものです。

TODAY」より翻訳引用

シワも白髪も、自信や知性だと捉えられ、60歳の女性が水着をまといブランドの顔となる時代。女性の年齢や美に対する意識は、確実に変化しているのだと感じます。

TODAY, THE DRESLYN, Instagram

image via Shutterstock

あわせて読みたい

おしゃれ心は不滅。「アラウンド60」のファッション事情

自己表現が苦手な女性へ。60代のファッションアイコンが伝えたいこと

女性の美はさまざま。米人気雑誌が格闘家やプラスサイズモデルを表紙に

  • facebook
  • twitter
  • hatena
田上晶子
ライター、コピーライター、翻訳業。東京でコピーライターとしてコスメ・ファッション・食品等の広告制作やネーミング、ブランディングに携わった後、渡米。現在、シアトル在住。海あり、山あり、湖あり、程よく都会でリベラルな北西部で楽しく暮らす。ビンテージドレス、アメリカ文学、音楽、お茶、健康、ヨガ、ランニングと睡眠と冒険が好物。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。