1. Home
  2. キャリア
  3. パンツ姿で外に出ることもできず【熊本大地震ルポ #3】

パンツ姿で外に出ることもできず【熊本大地震ルポ #3】

パンツ姿で外に出ることもできず【熊本大地震ルポ #3】

体はあい変わらず震えていたけれど、まずは最初に連絡をくれた東京の友人、作家の藤谷治さんからのメッセージを開く。熊本で大きな地震が発生というニュースが流れたようで、安否確認のメッセージだった。

「なにが起ったのでしょう。電気も消えて、リモコンも吹っ飛んで、情報がわかりません」と返信した。

熊本で震度6弱(最大震度7)の地震が発生したとこのとき知った。「携帯の充電が残り18%なんです」と送ったら、「まずFacebookで無事を報告したほうがいい」と藤谷さん。アドバイス通り、Facebookに「ひとまず無事です。家がめちゃくちゃですが」と投稿した。

即行でいろんな友達が「大丈夫?」「テレビかラジオをつけて」とコメントを返してくれる。翌日の締め切りの担当編集者からは「締め切りは大丈夫です。気になさらず、まずは身の安全を確保してください!」とコメントをもらった。すみません......早く着手しておけばこんなことにならなかったものを。

そのとき、ベランダ側から「無事な人はベランダに出て、顔を見せてください」という声がした。地震発生直後からマンションの非常ベルが鳴り響いている。消防士がきてくれたのだろう。

ひとまずベランダに出ようとして、はたと気づく。「私、パンツ一丁だった......」。非常事態なのでパンツ姿でもベランダに出ればよかったのに、こんなときでも乙女心がそれを阻止した。聞こえるはずもないのに「はーい、生きてまーす!」と大声を出しながら、床に散らばった衣類群から、腰に巻き付けられるような何かを引っ張り出して簡易スカートにし、ベランダに出た。

お隣やいろんな階のベランダから人の声がする。それだけでも少しホッとした。そのとき、携帯電話が鳴った。名古屋に住む友人からだった。電話回線が回復したんだ! 急いで電話をとる。

「無事? いますぐ避難して」と友人。

「ありがとう。ひとまず無事。だけど家がめちゃくちゃで玄関まで行くのが困難。しかもパンツ一丁なんだよね」

「とりあえずなんか見つけてはいて、避難して!」

「それが、猫がベッド下から出てこないんだよね。ケージもたぶん本棚の下敷きになってる気がする......。それに明日の締め切り、まだ途中なんだよね」

「いまは身の安全が大事でしょ!」

このときの私は、現実に起ったことを理解できない状態で、避難することよりも「原稿を書かなきゃ」という思いのほうが強かった。「だったら、早めにとりかかっておけよ!」という突っ込みを自分で自分にしながらだけど。

撮影/福島はるみ(私の住んでいる新町は城下町の名残りが濃く、古民家が立ち並びます。写真は震災前の様子)

2016年4月14日、女ひとりで被災した【熊本大地震ルポ #1】
母への電話、手の震えが止まらない【熊本大震災ルポ #2】
パンツ姿で外に出ることもできず【熊本大地震ルポ #3】
携帯充電、残りわずか。街にようやく明かりが【熊本大地震ルポ #4】
重量級の電子レンジが頭上を飛んだ?【熊本大地震ルポ #5】
余震に怯えながら夜中にセロリをむしり齧る【熊本大地震ルポ #6】
本震。あまりにも予想外で、残酷なほどの揺れ【熊本大地震ルポ #7】
2度目の激震で完全に思考が停止。避難所へ【熊本大地震ルポ #8】
「平穏な日々」は保証されていない【熊本大地震ルポ #9】
前震? 本震? 初めて聞いたよ!【熊本大地震ルポ #10】
傷ついた熊本に容赦なく暴風雨が襲う【熊本大地震ルポ #11】
3度目の激震に怯えながら、恐怖の脱出劇【熊本大地震ルポ #12】
視覚的からのショックがやわらいだ、柳川での一日【熊本大地震ルポ #13】
ひとり暮らし、不安に怯える友を訪ねる【熊本大地震ルポ #14】
怒りや喪失感。被災をして見えたもの【熊本大地震ルポ #15】

  • facebook
  • twitter
  • hatena
福島はるみ
視界に入るすべての人を勝手に観察し、その人の心を分析&妄想。遊びや飲み会の場でも勝手に「男心・女心」を取材。恋愛界Jury(ジュリー・審査員)を目指しています。

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、 MASHING UPの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。