1. Home
  2. ライフスタイル
  3. 裸眼は危険!? シミや老眼の原因は目から受ける紫外線かも

裸眼は危険!? シミや老眼の原因は目から受ける紫外線かも

裸眼は危険!? シミや老眼の原因は目から受ける紫外線かも

紫外線の量が1年のうちでもっとも多い5月から9月。日焼け止めなどを顔や首に塗って、しっかりと紫外線対策するのは当たり前のことですが、通勤や移動中にサングラスや帽子や手袋などの「重装備」をするのは、TPOによってはなかなか難しいものがあります。

現に、顔や腕、首の紫外線対策についてはたびたびメディアでも取り上げられますが、目や頭皮の紫外線対策を意識する声はあまり聞くことはありません。

とはいえ、近年の調査では、目から浴びる紫外線によって、「老眼」や「白内障」などの眼病や、黒目に接した白目が黄色く盛り上がる「瞼裂斑(けんれつはん)」などの症状を引き起こすとも考えられています。加齢によるものと片づけてしまいがちなこれらの症状は、紫外線が要因のひとつであるようです。

つまり、目から受ける紫外線を予防することで、これらの症状や肌への影響を抑制することが可能に

毎日の紫外線対策、3種の神器

眼内に飛び込んでくる紫外線は、主に角膜で吸収しないよう遮断することが肝心です。

それには、まずはサングラスで目の表面から差し込む紫外線をカットしましょう。ちなみに、色の濃いサングラスをかけると瞳孔が開き、より多くの紫外線が入り込んでしまうため、適度に薄いグラデーションのものや、明るめの色を選ぶとより効果的です。

「仕事中にサングラスはちょっと......」という人は、UVカット機能のあるコンタクトレンズもあるので、まずは眼科で相談してみると良いでしょう。

加えて、サングラスの隙間(耳側)から目の側面に入り込んでくる紫外線も、強いダメージを与えるといわれています。サングラスでは防げない側面や上からの紫外線は、日傘や帽子でブロックしましょう。

持ち運びに便利な折りたたみ式や、雨の日も使える雨晴兼用のものなど、デザインもバリエーションもさまざまな日傘ですが、紫外線対策をいちばんに考えれば、いつでもぱっと開いて紫外線ブロックできるノーマルタイプが使い勝手が良くおすすめです。

仕事中に帽子をかぶるのは難しくても、休日は常に帽子を携帯する習慣をつけたいものです。目のことを考えると、つばが広く目の周囲に影をつくってくれるデザインがベスト。軽くて通気性のよい麦わら帽子やパナマ帽がおすすめです。

大人の女性にとって、春夏の紫外線対策は日常生活の一部。毎日やらなければならないと考えると面倒ですが、すこし時間とお金をかけてお気に入りのデザインを選んで、ファッションのひとつとして楽しんでしまいましょう。

文/カフェグローブ編集部

photo by pixta

あわせて読みたい

美容の新常識。飛行機のなかでは日焼けどめを塗るべき

40代、美白に本気な私が選ぶスキンケア

#7 旅先でのセンスフルな着こなし入門【大人の女、旅はじめ】

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。

Facebookで最新情報をお届けします。

  • facebook
  • twitter
  • hatena

    おすすめ

    powered byCXENSE

    メールマガジンにご登録いただくと、

    MASHING UPとGlossy Japanの新着記事や最新のイベント情報をお送りします。

    また、登録者限定の情報やイベントや座談会などの先行予約のチャンスも。

    MASHING UPとGlossy Japanの最新情報をご希望の方はぜひご登録ください。